Windy ALTINUM FC300 SPEC(リビング用PC)

自作・パーツ

元々10年以上前にメディアサーバーとして組んだマシンですが、ついにTV接続用のみとして再生させました。ネット配信の番組を見るようになって、自前で動画を保存する必要が殆どなくなったのもありますし、メイン機をつけっぱなす事が多くなったのでサーバーはメイン機が兼ねることにしました。

現在のFC300

Gateway DX4855を譲り受けたので移植+改造しました。電源&マザーが特殊で、SATA電源コネクタが4つしかなく、分岐してファンを回転させています。特殊コネクタ、ほんと嫌い。カードリーダーもUSB3.0、SDXCなどなど対応のものを取付。

Case  : Windy ALTINUM FC300
OS  : Windows 10 Professional Edition
M/B  : Gateway DX4855純正
CPU  : Core i7-4770 3.40Ghz
CPU Cooler  : Gateway DX4855純正
Memory  : DDR3 8GB(4GB×2)
SSD : Crucial CT250MX200SSD1
HDD : Western Digital WD10EZEX(1TB)
Power : Gateway DX4855純正
Optical Drive  : Pioneer BDR-S03J-BK
Card Reader  : StarTech 35FCREADBU3

今回のこだわりはできる限り黒の配線を使ってみたこと。SATA電源の分岐ケーブル以外はありあわせのもので作ったので黒のケーブルも持ち合わせたものです。ケースファンも今回、バルクで買った安いものに刷新しました。

2020/9までのFC300

Dell Vostro 430を移植+改造したもの。メディアサーバーとして数年活躍しました。

Case  : Windy ALTINUM FC300
OS  : Windows 10 Professional Edition
M/B  : DH57M02(Inspiron 580sのマザー)
CPU  : Core i3 540 3.07Ghz
CPU Cooler  : intel純正
Memory  : PC3-10600 2GB × 4
RAID : RocketRAID 2640X1
HDD : Western Digital WD1001FALS
HDD : Western Digital WD20EARS × 4(2台ずつMirrorでRAID)
Sound : Onkyo SE-200PCI
Power : Seasonic SS-600HM
Optical Drive  : Pioneer BDR-S03J-BK

2018/10までのFC300

メディアサーバー兼TV接続用マシンとして組みました。microATXのケースにぎゅぎゅっと詰め込んだマシンに仕上がりました。狭くて取り付けるのに苦労しました。

windy-fc300-spec (2)

Case  : Windy ALTINUM FC300
OS  : Windows 7 Professional Edition
M/B  : J&W JW-N7AS-HD
CPU  : Intel Core2Duo E4300
CPU Cooler  : ASUS Silent Square EVO
Memory  : Corsair CM2X2048-6400C4DHX 2GB × 2
RAID : RocketRAID 2640X1
HDD : Western Digital WD1001FALS
HDD : Western Digital WD20EARS × 4(2台ずつMirrorでRAID)
Sound : Onkyo SE-200PCI
TV Board : PT1
Power : Corsair TX650
Optical Drive  : Pioneer BDR-S03J-BK

プロフィール
CHIKA

パソコンを使い始めて20年、細々とITで生きています。
バイクは2st小排気量、車はレスポンスのいい車が好き。
兎に角自分で色々やる、そしてやれちゃうと信じてるロスジェネ世代。

CHIKAをフォローする
自作・パーツ
スポンサーリンク
CHIKAをフォローする
1.5流

コメント はじめてコメントされる場合は https://1105r.com/send-before-comment-mail/ を読んで下さい。