Windows 7で英語キーボードを使えるようにレジストリを変更する

Windows

Windows 7日本語版で英語キーボードを利用しようとすると設定の変更が必要になります。デバイスの変更ではなく、レジストリを変更して利用するのが一番快適に利用できるので、毎回日本語キーボードから英語キーボードに入替える際は下記の作業を行っています。

日本語キーボードに戻す際は逆の操作を行えばよいだけ。

各キーボードの設定については「コンピューターに USB キーボードを接続したときに Windows で正しいキーボード レイアウトが使用されないことがある」で詳細に説明されています。

英語キーボードの設定

  1. レジストリエディタを開く(Windowsキーを押下し、プログラムとファイルの検索に「regedit」と入力すればよい)
  2. HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters をひらく。
  3. [LayerDriver JPN] の値を [kbd106.dll] から [kbd101.dll] に変更する

  4. [OverrideKeyboardIdentifier] の値を [PCAT_106KEY] から [PCAT_101KEY] に変更する。

  5. [OverrideKeyboardSubtype] の値を [2] から [0] に変更する。(なぜか私のマシンは2ではなく7になっていた。)

  6. [OverrideKeyboardType] の値を [0] から [7] に変更する。この作業を行わないと「Alt+‘」で半角・全角の切り替えができない。

  7. レジストリエディタを閉じてOSの再起動を行うと切り替えが完了する。

キーボードレイアウトレジストリの値

101/102 英語 (US) キーボード

値の名前 値の種類 値のデータ
LayerDriver JPN REG_SZ kbd101.dll
OverrideKeyboardIdentifier REG_SZ PCAT_101KEY
OverrideKeyboardSubtype DWORD 0
OverrideKeyboardType DWORD 7

106 日本語(JP)キーボード

値の名前 値の種類 値のデータ
LayerDriver JPN REG_SZ kbd106.dll
OverrideKeyboardIdentifier REG_SZ PCAT_106KEY
OverrideKeyboardSubtype DWORD 2
OverrideKeyboardType DWORD 7
プロフィール
CHIKA

パソコンを使い始めて20年、細々とITで生きています。
バイクは2st小排気量、車はレスポンスのいい車が好き。
兎に角自分で色々やる、そしてやれちゃうと信じてるロスジェネ世代。

CHIKAをフォローする
Windows
CHIKAをフォローする
1.5流

コメント はじめてコメントされる場合は https://1105r.com/send-before-comment-mail/ を読んで下さい。