スマート体重計NOKIA Body+を1ヶ月使ってみた

周辺機器・アクセサリー

オムロンがドコモと手を組み始めて、旧製品のサポートを大胆に打ち切ってくれたので使い勝手の悪くなった体重計をどうしてやろうかと考えていたところ、義両親が体重計をプレゼントしてくれました。

きっと夫が私の狙っていた体重計NOKIA Body+をプレゼントしたらとアドバイスしてくれたのだと思います。どうもありがとう!

というわけで、早速1ヶ月使ってみました。

NOKIA Body+の開封と準備

今回頂いたのはNOKIA体重計の真ん中のクラスBody+。この製品が一番バランスの取れた内容の体重計かな~と思います。

IoTデバイスはすぐに使えるわけではなく、まずは準備が必要なので使い始めるまでにちょっと時間がかかるのです。

NOKIA Body+の開封と設置

Amazonにて購入してくれたらしいのですが、外箱に宅配の伝票が貼られて届いたのと、その外箱も破れていたの、ごめんねと義母が謝っていました。お母さんが悪いのではなく、Amazonが悪いのです。

というわけで外箱の中に納められていた内箱しか写真はありません。

箱を開けると白い体重計。嬉しい、嬉しすぎる。元々この体重計はWithingsというフランスの会社が作ったものでNOKIAに買収されたため今はNOKIAブランドになったという経緯があります。さすがおフランス製、とてもデザイナブル!

梱包を小さくするため、脚が取り付けられていませんでした。

自分で貼れというシステムなので、使う前に貼り付ける必要がありました。

Health Mateのダウンロードと設定

Body+を設定するためにスマートフォンでNOKIAのアプリHealth Mate(iPhoneAndroid)をダウンロードします。(以下、Androidでの設定方法)

アプリを起動するとそのまま設定が始まります。

端末のセットアップをタップ。

今回は体重計を設定するので、スケールを選択。

Body+を選択。Body Cardioなら心拍数もチェックすることができますがスゴイ高いの!

右下のインストールをタップ。

GPSで製品を探すのかな?許可しないと始まらないので許可。

ここで初めて体重計の裏側にあるスイッチをONにします。

無事発見できれば接続中の画面になります。が、家の中心付近で作業しているとなかなか繋がらなかったので、窓際に持って行って作業をしたら接続できました。

検出されたら次へをタップ。

すると体重計のアップデートが始まるのでしばらく待ちます。大体1分ぐらいで完了するはず。

Body+側のアップデート中の表記。

Wi-Fi設定ですが、この作業がなかなかうまくいかなくて、Wi-Fiルーターの近くにスマホと体重計を持ってきたところ漸くうまくいきました。画面の指示通りに進めれば体重計が家のWi-Fiに繋がります。

これで作業は完了。ようやく使える状態になります。全部スムーズに作業が終われば15分もかかりませんが、体重計探しの時とWi-Fi設定の時は問題が起こりやすいので、窓辺・ルーターの近くで作業するとスムーズです。

NOKIA Body+を1ヶ月使って

NOKIA Body+本体について

体重や体脂肪の数値はオムロンのそれとほとんど誤差はなかったのでまともに測れています。文字のフォントが独特なのでそれをおしゃれととるか、見づらいととるかは人それぞれかなぁ。

表示される数値は、体重・体重の増減(8日分をグラフで)・体脂肪率・水分量・今日の天気と明日の天気・昨日の歩数・骨量(重さ)・筋肉量(重さ)・BMIが表示されます。平均値が太く示されているので、自分の数値が平均値内に収まっているのかを確認しやすくて便利。

体重を量ってすぐにアプリには反映されないので、最初は接続がうまくいっていないと思ってルーターの近くに設置していましたが反映が遅いだけなので、アプリを起動させていても1日前のデータを取得しないようであれば電波を受信できていないと判断して体重計を移動させるといいかもしれません。

Health Mateについて

オムロンのアプリよりもよく出来ていて確認しやすい。NOKIAのアクティブトラッカーがない場合はGoogle Fitと連携すればGoogle Fitが収集している歩数を引っ張ってきてくれる。Fitbitとは連携しないのが痛い。

このアプリには簡易的に心拍数を測る機能もついているので、たまに起動させて計測するのがまた面白い。早く他国で販売されている血圧計や体温計も日本で発売されないかな~と思っている次第です。

個人的にはパルスオキシメーターやスパイロメーターも出てくれるとトータル管理がしやすいな~と思う次第で。糖尿をお持ちの方だったら血糖値を計測できるのもありがたいでしょうしね。

Fitbitの画面より個人的には使いやすいので、Fitbit Rayが壊れたらNOKIAのアクティブトラッカーに乗り換えるかも。ただ、NOKIAは今のところ腕に取り付けるタイプのものしか出していないので、今後どうなっていくかで要検討かなぁ。

腕時計は自分の気に入ったものを使いたいのでwena wristみたいな製品をだしてくれるのが一番助かるかも。wenaも充電ではなく電池で動いてくれれば最高なんですけどね~・・・

Fitbitと連携してくれるとありがたいのだけどライバル企業だからしないだろうなぁ。

Jornalについて

パソコンのブラウザ上でもJornalにアクセスすればアクティビティの変遷を確認することが可能です。パソコンをメインで使う身なので、できる限りどんな情報でもパソコンでみたいのです。

各項目をクリックすると変遷グラフが確認できます。

ダイエットの補助ツールとして最適

今まで体重計のデータを吸い上げるのはFelicaを使わないとダメだったので面倒くさくて結果的に使っていませんでした。NOKIA Body+は設定さえすれば自動的にデータを吸い上げてくれるのでログを勝手に残してくれるのが本当にありがたい。

数字を観て、グラフをみてニヤニヤして満足感を得られるタイプの方なら強力なダイエットツールになります。

そして、言い訳のような残念な体重は私の今の体重。昨年の入院でステロイド剤を大量に使って筋肉がさらに落ちたのでまた少しずつリカバーしつつ体重を落としていこうと鋭意努力中(嘘、緩く努力中)であります。

コメント はじめてコメントされる場合は https://1105r.com/send-before-comment-mail/ を読んで下さい。