VAIO Phone Biz・A用のTPUケースとカバー

シェアする

Xperia Z5 PremiumもiPhone 6Sもバンパーを使っていますので、VAIO Phone Biz・Aでも本当はバンパーを使いたかった・・・が、さすがマイナー機種、バンパーを作成している会社が一つもありません。

今回VAIO Phone Aが出たことでメジャー機種になっていずれバンパーが出てくることを夢見つつも、それまで壊さないようにしなければなりませんのでケースとカバーを購入しました。

カバーに取り付けるためのTPUケース

そもそも、VAIO Phone Bizの手帳タイプのカバーにはVAIO Phone Biz専用のものなどはありません。5.5インチのサイズに作成された手帳タイプのカバーになっているだけなので取り付ける場合はシールで取り付けたりするわけです。

シールを直接本体に貼り付けるのはイヤなのでTPUケースの準備が必要になるわけで。

VAIOはDeffのケースを勧めていますが、画面側の囲みが薄くて端から落としたらガラスに亀裂が走りそうなので、もう少し囲みの深いレイアウトのTPUケースにしました。

届いたので早速TPUケースを取り付けてみました。

画面縁部分もがっちり覆われているので安心感があります。

しかしながらこのTPUケース、ボタン操作がかなりしづらい。そのままで使うと相当固いので、外側からボタンの縁にそってカッターで切り込みを入れておくとずいぶん使いやすくなります。

手帳タイプのカバーはシンプルなものをチョイス

VAIO Phone Bizのケースを検討したが選択肢がなさすぎた」の通り、シンプルなレザーのカバーにしました。発注して1週間程度で届きました。

左が黒で右がワインレッドなのですが、写真ではどちらも黒く見えます。

内側を開くとスライドユニットが取り付けられていました。左下のTIMEの刻印がまるでいらないんだけど、仕方あるまい。

直接スマートフォンを取り付けるのはイヤなのでTPUケースを取り付けます。

VAIO Phone Biz・Aを取り付ければ完了。

スライドすればカメラが使えます。

ギリギリな感じですが一応カバーも入り込まずに綺麗に写真を取ることが出来ました。

固そうにみえますが、わりと柔らかいので左側のカバー部分を裏側にひっくり返して使うこともできたので一安心。バンパーよりは開く手間が増えた分面倒に感じますが、イライラするほどでもないので及第点といったところ。

バンパーが出たら速攻乗り換える予定ですがそれまではこれを使い続けます。

関連コンテンツ

関連コンテンツ



管理人からのお願い

管理人からのお願い

1.5流は著作権を放棄しておりません。文章・画像一切の引用・流用・転用・転載を認めません。まとめサイト(キュレーションサイト)での利用も同様です。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク