Google Pixel BudsとBOSE SOUNDSPORTS FREEを比較

周辺機器・アクセサリー

2年半ほど前に夫にプレゼントしたBOSE SOUNDSPORTS FREEと数か月前に購入したGoogle Pixel Budsをいろいろ比較してみました。たった2年ですが、ワイヤレスイヤフォン業界はかなり進歩したのだなというのが伺えます。

Google Pixel BudsとBOSE SOUNDSPORTS FREEの画像比較

左がGoogle Pixel Buds、右がBOSE SOUNDSPORTS FREE。ケースの大きさかからして全然違います。イヤフォン本体自体の大きさもかなり異なるので、この大きさの違いは仕方ありません。

分厚さもこの通り。BOSEは分厚さがかなりあるので持ち運ぶときも嵩が気になります。

Google Pixel Budsの重さは66.5g。卵1個分ぐらい。

ケースだけの重さでBOSEは100g。小さなスマホぐらいの重さです。

Google Pixel Buds本体の重さは10.5g。片耳だと5.25g。

BOSEは18.5g、片耳だと9.25g。Pixel Budsでもほんのり重いなぁと感じる私にとって、BOSEのコレはわりと重く感じるわけです。

大きさも全然異なります。イヤーピースの大きさ自体はそこまで変わらないですが、メイン部分の大きさが全然異なります。特に分厚さが段違いで、耳に装着すると、BOSEの場合、はみ出して邪魔なんですよ。

耳からはみ出るイヤフォンだとマスクするときに引っかかるので、BOSE好きですがこればかりはあまり積極的に買いたい製品ではなかったのです。

Google Pixel BudsとBOSE SOUNDSPORTS FREEの比較

総じていえば後発なのでPixel Budsのほうが操作性は段違いに上です。ボリュームの上げ下げを例にとるとPixel Budsは本体を前後にスライドするだけでコントロールできますが、BOSEは本体についた物理ボタンで操作する必要があります。

大きさ、重さもPixel Budsのほうが小さいので気軽に使えます。耳からはみ出ないので寝転んで使っても邪魔にならないし、マスクのつけ外しでも引っ掛けて落とさないのはこのご時世かなり助かっています。

ハンズフリーとして使う場合、BOSEは片耳でしか通話できないのがかなりネックなのですが、Pixel Budsは両耳で聞こえるので自然な通話が楽しめます。

唯一BOSEが勝っているのは音質。音楽を聴くという点では圧倒的にBOSEの音のほうが綺麗。音楽を楽しむのであればBOSE SOUNDSPORTS FREEに軍配が上がります。

BOSEの新型はPixel Budsと同じようにタッチするだけで操作できるようになっていますし、上位モデルにはノイキャンもついています。大きさは相変わらずなので、音質にこだわって大きさが気にならないならBOSE、小さくて気軽に使うならPixel Budsがよさそうです。

コメント はじめてコメントされる場合は https://1105r.com/send-before-comment-mail/ を読んで下さい。