ASUS ROG STRIX 850W WHITE EDITION Review

自作・パーツ

今回新しくマシンを組むと決めることができたのはこの電源を見つけたから。前々から白い電源がでたら新しいのを組むなんてずっと零していたのですが、Corsairで白い電源が出たときは見送り(Corsairの電源にはいい思い出がない)、今回ついに私のメガネに叶うこの電源が出てきてしまいまして、電源だけでも先に買っておくかと手にしてしまいました。

CHIKA
CHIKA

だって、この電源の中身はSeasonicなんだもの。

ASUS ROG STRIX 850W WHITE EDITION 開封の儀

もともと使ってた電源がSeasonicのプラチナだったのでブロンズのこの電源はランクダウンなんですが、そんなこと構わないぐらい白が欲しかったの!なくなってしまう前に今回こそはゲットしておかなくてはと速攻ポチりました。

パッケージを開封するときは、フィルムにテックウインドの保証シールが貼ってあるので気をつけてください。テックウインドは絶対にこのシールがないと保証してくれません。

開封すると細かい付属品が半透明の密閉袋に入れられていました。ROGのロゴ入りで力が入ってます!

中身は電源、配線ケーブル、電源ケーブル、細かな付属品。不織布の袋は今後当面つかないらしいので(マスク需要に対応するため)、わりと貴重な袋になるのかも?

配線ケーブルもすべて白、コネクタまで白。涙が出るほど嬉しくて仕方ない。

細かな付属品の中身はマジックテープ式の結束バンド、ナイロンの結束バンド、固定ネジ、説明書、シール、意匠替え用マグネット。

電源ケーブル、結束バンド、ネジも白だったら完璧だったのになぁ…電源ケーブルと結束バンドは手持ちのものを利用して組み立て、ケースのネジも黒だったのでネジだけはそのまま使いました。

ファン側。ファンが白なのはかなりの高評価ポイントですよ。ガードのデザインもなかなかおしゃれな感じですし。

スペックもわりと馴染む感じのカラーで記載されているのであまり気にならないです。取り付けると見えない場所に来やすいファンの裏面側に文字たくさんを選んだのは良い判断ですよね。ちょっと前までは側面にありましたから。

電源コネクタ側。電源コネクタ下部分のくぼみに付属していた好きなシールを貼れよ的な作り。貼らないけど。メッシュがハニカム構造デザインなのはSeasonicっぽいな~って感じです。

サイド。文字の色・ROGロゴをシルバーにしたのは大正解です。品がある~!こちらは円のパンチング。こだわるなら背面のメッシュも円のパンチングがよかったなぁ(排気しづらくなるからだめなのかもしれないけど)。

配線コネクタ側。ここは濃いグレーで文字が書かれています。差し口までは流石に白じゃなかったけど、ほとんどケーブルを差し込んで使うので結果的にあまり気になりませんでした。

Fractal Design Define 7 Whiteに収めたのだけど、偶然ほぼ同じ白だったので一体化してめちゃくちゃきれいにはまりました!

総じて白いので、私が求めていたものにかなり近い電源でございました。

ASUS ROG STRIX 850W WHITE EDITION Review

デザイン

白のデザイン!中身はSeasonic!というだけで買ったのですが、思っていた以上にかなり白基調を大事にしてくれているデザインで仕上げてくれていたので大満足。ROGのロゴや型番などのあしらいもシルバーでなされていたし、白の電源がほしい人にはかなりおすすめできる。

容量

3950X、メモリ2枚、グラボ1枚、M.2SSD1枚、HDD2台程度なら十分な容量。グラボ2枚にするなら容量の多いものを選ばないと厳しい。もう1つ上のモデルだと、よくわからない液晶画面がついてる謎の電源になり、カラーも黒しかないので白電源がほしければある程度スペックは限られます。

安定性

問題なく稼働している。電圧が変に揺れている感じもない。

今までSeasonicの電源はこわれたことがない(6台)!だいたい5年スパンぐらいでメイン機からサブに落とし、メイン機には新品をいれて予備交換していますが、サブにいれて稼働させてトータル10年以上経過してても問題なく動いている。むしろケーブルが対応しなくなり、なくなく利用を断念せざるを得ない日のほうが早く来る。

だからきっとこの電源も長持ちするだろうと信じている。

静音性

負荷が少なければ0dbになるようファンを止める機能までついているように、静か(な気がする)。というのも水冷で動かしておらず、ケースファンをてんこ盛りにしてるので他のファンが稼働していることも多く、電源ファンの音なんてわかろうはずもない。

コネクタ数

十分足りている。グラボ複数枚利用になると厳しくなってくるが、基本的にシンプルな構成で組むのであればMODケーブルも足りる。

サイズ

850Wの電源であればどこのメーカーのものでもだいたい似たりよったりなサイズなので、これぐらいが当たり前かと。ATX対応のケースであれば窮屈に感じずに組み込める。

総評

ありきたりな表現ですけど、いい!悪いはずがない。だって、Seasonicだもん。

組んでみて感じたのは、ケーブルがメッシュでスパイラルされていないため柔らかくて曲げやすく取り回しがしやすかった。その代わりケーブルがバラけて見えるので、きれいに広げるかガチガチに固めてしまうかしないと汚く見えそう。

やっと念願の白電源で組むことができたので、10年越しの白い電源でマシンが組みたい病は解消されました❤

プロフィール
CHIKA

パソコンを使い始めて20年、細々とITで生きています。
バイクは2st小排気量、車はレスポンスのいい車が好き。
兎に角自分で色々やる、そしてやれちゃうと信じてるロスジェネ世代。

CHIKAをフォローする
自作・パーツ
スポンサーリンク
CHIKAをフォローする
1.5流

コメント はじめてコメントされる場合は https://1105r.com/send-before-comment-mail/ を読んで下さい。