白黒のデスクトップパソコンを作りたくて仕方が無い件

シェアする

white-image

現在利用しているパソコンに組み替えて早3年。速度に不満があるというわけではないのですが、とあるケースをみたせいで急激に新しいマシンを組みたくなりまして、現在葛藤と戦っております。

構成どうすんだって?もう既に決まっております。

白くて透明なユニークケース

Thermaltake Core P3 Snow Edition

壁掛けまでできる、白×透明ケースという度肝を抜くコンセプトのケースに惚れてしまいました。勿論黒もあり。Core P5という更に大きなサイズのケースもあります。ただし、P5はSnow Editionはないので、私が買うならこのCore P3 Snow Edition!

それにしてもこんなにシンプルで綺麗なケース、今までなぜ出てこなかったの。メーカー側は水冷にしてほしいみたいだけど、これこそ空冷でどれだけ綺麗に作れるかを試したくなるケースでしょ。

Core-P3-Snow-image

堅牢なSeasonicの白い電源

Seasonic製80 Plus Platinum フルモジュール・ハイブリッド750W電源 Snow Silent

白いマシンを作りたいと正直ここ数年で何度か考えたのですが、いつも断念する理由は電源にありました。電源は自作の要なので信頼できない電源は使いたくないのですが、Seasonicが白を出していれば話は別!

これは神様が今白いマシンを作りなさいと言っているのだと思うのです。

唯一の欠点は付属のケーブルが黒。全部白にすればいいのに~。

ss-750xp2s_01_Seasonic_pc_power_supply_snow

マザーボードはASUSのモノトーン迷彩柄

ASUS SABERTOOTH Z170 S

一番焦るのはこのマザーボードが売り切れてしまうこと。今までも数度白黒のマザーボードが販売されてきたが、あっというまに無くなってしまったので本当にやるならさっさと買わないと買えなくなってしまう。

スペック的には必要十二分ぐらいのスペックなので、組むのであればこのマザー以外考えられない!

P_setting_fff_1_90_end_500

こうなったらCPUはCore i7 6700Kでしょ

ついにSkylakeですか。このCPUを選ぶ=Windows 10にするという方式が成り立つので、OSはWindows 10を放り込みます。くっ、仕方ない。

最近パソコンでゲームをしていないのでかなりオーバースペックになりますが、どうせ作るなら最高峰で作る、それがロマンです。現実的な話しをすると、最高峰で作っておけば壊れない限りは7年~10年現役で戦えるのと、そのあとパーツを売るにしても売れやすいのです。

skylake-logo-image

CPUクーラーは金属感を漂わせる

Thermalright Le GRAND MACHO

ThermalrightのCPUクーラーは金属のフィンが芸術的な構造で心を惹きつけてやみません。白だけではインパクトに欠けるのでどこかに差し色を入れたいわけですが、やっぱり一番目立つパーツに金属装飾を入れておきたいのです。

Le Grand Macho

CORSAIR ML Series ML140 PRO

GRAND MACHO LTだけではCPUクーラーとしては使えないので、GRAND MACHO LTにケースファンを取付けるわけですが、ここはやっぱり白く光るファンがいいのかなと。

P3にはケースファンが必要なさそうですが、もしつけるとするならこのファンを付ける!

ML140_LED_WHT

メモリはCorsairかCrucialで悩む

いや、もうホント私に風が吹いているとしか思えないラインナップになってきている。白のメモリなんてなかなかお目にかかれないのだけれど、Corsaie Vengeanceだけでなく、Crucial Ballistix Sport LTも限定の白が出ている。

Corsair CMK32GX4M4B3200C16W

4枚セット 32GBなので高額ですが、安心のCorsairに心が揺れる。こちらはあくまでもヒートスプレッダーが白いだけ。

CMK32GX4M4B3200C16W

Crucial BLS2K8G4D240FSC

自分の必要メモリだけ購入できることを考えるとこちらの方がリーズナブル。そして、本当に珍しい基盤も白メモリということ、迷彩柄で合わせることもかんがえるとCrucialの方がいいのか?悩ましいところである。

BLS2K8G4D240FSC

グラフィックボードだって白を選ぶに決まってる

GALAX GEFORCE GTX 960 EXOC White 2GB

現在R9 380を使っているのでその辺も含めて考えるとGTX 960あたりがGeForceで同等になってくるんだけれど、白いグラフィックボードで絞るとGALAXしかないんですよね。

ASUS SABERTOOTH Z170 Sがオンボードでグラフィックをサポートしてくれているのでなくてもいいわけですが、やっぱり目立つパーツだけに欲しいのです。

SSDはM.2 SSDにするだろう?

Samsung SSD 950 PRO

ここまで来たら、スペックも重視しちゃう!M.2に対応しているM/Bなのだから、SSDもM.2 SSDにする!でも白のM.2 SSDはないので黒のM.2 SSDを選ぶとSamsung 950 PROしかない。本当は512GB欲しいのだけど、実際OSとソフトをいれるだけなら256GBでも事足りるので、256GBをチョイス。

SSD 950 PRO

OSはMicrosoft Windows 10 Professionalしかない

Skylakeで組むとWindows 7のサポートが早々に打ち切られるため、OSの選択肢はWindows 10しかない。

また、認証方式も変わっておりSSDを買えるだけでDSP版だとNGになるため、パッケージ版を購入せざるを得ない。

Windows 10 Pro

その他のパーツについて

RAIDで運用しているデータ領域HDD(WD10EZEX)についてはそのまま移行。ただ、ラベルがブルーなので、そこが気になるなぁ・・・

サウンドボードも検討しましたが、外付サウンドの方が綺麗なこともあるのでまずは一旦オンボードで。

果たして完成する日は来るのだろうか?

正直なところ、新しいマシンを組む必要性なんてこれっぽっちもないので、お台所を預かる夫がウンと言ってくれる日が来ない限り夢の白マシンが完成することはありません。ざっくり計算したら22万ぐらいだった・・・てへっ。

あ~、白い綺麗なマシンを組みたいな~、組みたいな~、組みたいな~。

関連コンテンツ

関連コンテンツ



管理人からのお願い

管理人からのお願い

1.5流は著作権を放棄しておりません。文章・画像一切の引用・流用・転用・転載を認めません。まとめサイト(キュレーションサイト)での利用も同様です。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク