NEC PC-LL550TG HDD・メモリ交換

ハピタス
管理人が唯一利用しているポイントサイト「ハピタス」
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

据え置き型はやっぱりラクですな。裏蓋を外せば簡単にHDDやメモリにアクセスできます。この機種、たぶん簡単にCPU交換もできるシロモノです(CPUを交換してしまうとOS認証がNGになってしまうかもだけど)。

pc-ll550tg-hdd (1)

PC-LL550TG分解方法

今回PC-LL550TG1Jを分解しましたが、最後の1Jは販売店モデルを現している型番となります。ちょっとだけスペックが変わっていたり、付属しているモノが変わっているだけなので基本的にはPC-LL550TGと同じモノになります。

HDDは左下の蓋を開けると出てきます。

pc-ll550tg-hdd (2)

ネジが5カ所あるので5カ所とも外します。

pc-ll550tg-hdd (3)

するとグレーの金属が外れます。

pc-ll550tg-hdd (4)

最近はこの金属すら省いている機種が増えてきましたが、Vistaモデルの頃はまだ一応こういうので保護してるんですよ。徐々にコストダウンされていくのが分かります。

pc-ll550tg-hdd (5)

で、HDDはスライドさせて外すだけ。

pc-ll550tg-hdd (6)

これで外れます。

pc-ll550tg-hdd (7)

ついでにメモリはシリアル番号が書かれたシールの上側。

pc-ll550tg-hdd (8)

開けるとメモリ、無線カード、CPUなどなどにアクセス可能。

pc-ll550tg-hdd (9)

メモリはなんとDDR3。この時期はDDR2とDDR3が混在しているので必ず確認して買うべし。

pc-ll550tg-hdd (10)

Vistaはメモリが4GBあればかなりサクサク動きます(32bitなので3GB少々で頭打ちですが)。CPU次第ですが、ソケットさえあえばCore 2に載せ替えれば結構動くマシンに変わるでしょうな。Core 2が安く手に入ればやる価値はあるでしょうけど、既に数世代前のコアなので探す方が面倒な気がする~。

<<< 管理人からのお願い >>>1.5流は著作権を放棄しておりません。文章・画像一切の引用・流用・転用・転載を認めません。まとめサイト(キュレーションサイト)での利用も同様です。
スポンサーリンク

フォローする