PCデポのプレミアムサービスを解約する前に確認しておきたいこと

ハピタス
管理人が唯一利用しているポイントサイト「ハピタス」
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

pc-depot-paper

PCデポが高齢者をだますような形で保守サービスを結ばせたことが大きな問題となっており、PCデポ側も非を認め一部契約者に対して無償で解約を行うと発表しましたが、個人的はここにも大きな問題が発生すると考えています。

西日本にはPC DEPOTは少ないため、法外なサービスを契約されている方は少ないと思われますが、東日本にはかなりのお店が出店されているので、今回の件で契約の見直し・解約を考えておられる方もいらっしゃると思います。

勢いで解約して後々困らないようにしっかりと準備してお店に向かいましょう。

サービス自体は決して悪い物ではない

私はPCデポの回し者では決してありません。

本来、パソコンを使う際に使う側が持ち合わせておきたい知識というのは本職やマニアでも無い限り修得するのは難しく、その難しい部分をサポートしているサービスなので、高い!不満!というのであれば是非とも自分で勉強してサポートを受けなくてもいいようにしてください。

ショートカットの作成に1,000円、ソフトインストールに3,000円等が高いと言われる方もいますが、それは出来る側からの論理です。作業するにも人件費は発生するので、それを店側がタダでやっていれば店は立ちゆかなくなります。分からない人にはできない作業ですし、この金額を払ってでもやって欲しいという人は存在します。その金額が高いか安いかは人それぞれです。お客様が納得してお金を払うのであればそれでいいのです。

自転車のパンクも自分で直せば材料費・工具の用意だけで済みますが、お店にお願いすれば作業工賃等のお金を払うのと同様のことなので、それに対して高い・安いというのはナンセンスですし、作業料金をタダにしろというのはただのたかり行為です。

PCデポが提供しているサービスの中には知識が必要で簡単には設定できないサービスを肩代わりしているものもあり、金額設定は店側の事情で決めるのは当然のこと。その金額を納得して受けたサービス対して対価を払うのは当たり前のことだということはしっかり認識しておいてほしいのです。

今回問題になっているのは、お客様が必要とされている内容のみをしっかりお客様側も理解して契約しているのであれば何ら問題にはなっていなかったはずです。分からないのをいいことに不必要なものまで契約させていることこそが問題なので、今回はその必要性を見極めつつ、不要なものをカットする際にトラブルにならないように確認事項をまとめました。

iPadやPC等の端末の契約はあるか?

プレミアムサービスを契約した際に、iPadやパソコンも同時に契約しているかどうかを確認する必要性があります。同時に契約している場合、解約する場合においては「加入者様にご提供をしている商品につきましては、ご返却をお願いいたします。」との記載どおり返却が必要になります。

ここで問題になるのは、使っている端末に入っているデータの取扱について注意が必要です。

データのバックアップを行うこと

まずはデータのバックアップが必要になってきます。消えても問題ないというのであれば気にしなくてもよいですが、消えては困るというのであれば解除する前に必ずバックアップと取る必要があります。

データを消去すること

バックアップを取ったあと、返却する際にはデータの消去も行っておく必要があります。自分の個人情報が流出しても構わないのであればそのまま返却しても構いませんが、iPad等であればフルリセットを、パソコンであれば最低でも初期化(買った時の状態に戻す)ぐらいはしておきたいものです。

Ozzio光に加入していないか?

光回線の自由化に伴い様々な会社が各社提供する回線に切替を推奨していますが、勢いあまってOzzio光を即解約すると電話やネットが使えなくなります。まずはご自身が現在使われている電話・インターネットの契約会社を確認しましょう。

Ozzio光を契約していて解約したい場合はまず、回線業者を乗り換える必要が出てきますのでどこに乗り換えるかを決める必要があります。また乗換には時間を要しますので、乗り換えた後に契約の解除を行わなければなりません。

回線乗換の際に気をつけたいのは今まで利用していた電話番号が変更されるかもしれないということ。回線業者を乗り換える場合、現在利用している電話番号を引き継ぐことができない場合もあるため、電話番号の変更が問題になる場合は乗換先の業者に変更されるか否かを必ず確認すること。

番号を残す必要性がある場合は、いやでもOzzio光が解約できない恐れがあります。

無線ルーターの貸し出しはないか?

Wi-FiでiPadやパソコンの接続を行うための機械(たぶんラグビーボール型のもの、もしくはアンテナが映えている物体)が貸し出されていると思われます。プレミアムサービスを解約する場合はそちらも返却となる。この場合、自分で無線ルーターを用意して(3,000円程度で購入可能)設定を行い、さらにパソコンやiPad等(iPhoneやAndroid等の端末すべて)の再設定も必要になる。

一度設定を行えば、回線業者を替えない・機械が壊れない限りは毎月支払が発生するものではないので回線業者を乗り換える際に無線ルーターを用意し設定をお願いするのも手です(料金発生する場合あり)。

その他細かい内容について

ウイルス対策・フィッシング対策

ウイルスバスター等、市販のソフトがあるので個々で契約して対策することは可能。但し、契約期間があるので忘れずに契約更新を行う必要がある。

Ozzioクラウド

Dropbox等のクラウドサービスで代替可能。ただし、Ozzioクラウドに保存しているデータは解約前に新しく契約したDropbox等に移し替えておく必要がある。

Ozzioクラウドは速度がかなり遅くて使い物にならないと有名なので、解約して他のサービスを使う方が幸せな気がします。

遠隔ロック・遠隔操作

iPhone・Androidともに標準で機能も備えている。もっと強固な対策を行いたいのであればESET(ESETを楽天等で購入してAndroidにインストールする方法で詳しく説明)を利用するのがお勧め。

解約前に設定しておくことを強く推奨。

まずは分かる人に相談すること

プレミアムサービスに加入している方はパソコンやスマートフォンに明るくない方だと思われるので、まずは分かる人に相談することが大切。その上で、しっかりと分かっている方に付き添って頂く(もしくは作業もして頂く)、信頼できる業者を紹介してもらいその業者と一緒に解決していくことが望ましい。

PCデポにて一人で解決しようとしてもうまくいかないですし、解約によってお金以外の不利益も発生することを理解しておいてほしいのです。PCデポのサービスは悪!すぐに解約しなければ!ではなくPCデポしか周りに業者が無い場合は嫌でもそのPCデポにお世話にならなければならない場合もあるでしょうし、今後のつきあいを考えながら必要なものだけを契約するようにしてください。

高齢者のご家族の方が注意したいこと

プレミアムサービスに加入される方は大半が高齢者の方です。盆・正月のみご実家に戻られてそこで初めてこのような問題が発覚するということはよくあることです。サポートを解約するのは簡単ですが、解約した後パソコンやスマートフォンの操作説明・トラブル解決をすべてご家族が担えるのでしょうか?担えるのであれば解約しても問題ないかと思います。

ですが、そうでないのであれば高齢者の方のニーズをご家族の方がくみ取り、必要なサービスのみを継続するという形を取ることが最善では無いでしょうか。PCデポのプレミアムサービスを解約するということだけでは解決になりません。すべて解約するにしても、信頼できる業者を探してお願いしておくなどの準備を怠ればPCデポ以上に悲惨な業者に捕まりかねません。

パソコンやスマートフォンを使わせないということはできない世の中になってきていますので、是非とも自分たちでサポートできない部分をどうするかというのは今回真剣に考えて対策をとっておいて欲しいと思います。

<<< 管理人からのお願い >>>1.5流は著作権を放棄しておりません。文章・画像一切の引用・流用・転用・転載を認めません。まとめサイト(キュレーションサイト)での利用も同様です。
スポンサーリンク

フォローする