VGN-Z90NSのHDDをSSDに交換

シェアする

z90ns

VGN-Z90NSは2台ある。まず私が購入して、そのあと相方も追って購入したもの。今回、相方のZ90NSをSSD化した。

VGN-Z90NSは発売当初からSSDモデルが存在した。が、まだSSDが走りで今のように2.5インチサイズに落ち着く前だったため、特殊形状特殊ケーブルとなっている。Z90NSを元々SSDモデルで買っている場合には換装することが非常に難しいのだ。我が家のZ90NSは両方ともHDDモデルなので、換装を簡単に行うことが出来る。数年経ってみないとわからない流れだったけど、結果的に安いモデルを買っておいて良かったレアパターン。

バッテリーを外して裏にあるネジを全部外す。

z90ns_ssd (1)

隙間工具を使って慎重に上側のユニットを全部外す。アイソレーションキーボードに変わってからというもの、全体をはがさないといけないモデルが増えて面倒ダヨ。

z90ns_ssd (2)

ケーブルを切らないように注意して外す。

z90ns_ssd (3)

外したキーボードユニット。ちゃんと金属板が入っているので、モバイルの割にキーボードが沈まず打ちやすい。さすが高級モデル。

z90ns_ssd (4)

HDDは左下。光学ドライブは組み込み式なので、交換は困難なタイプ。CPUは交換可能ぽいが、バランスを考えるとT9500がベスト。実はT9600だと熱量がオーバーしてT9500以下でしか動かないという報告もあるぐらい。イロイロな意味でZ90NSは一番上のモデルは涙目なんだなぁ。

z90ns_ssd (5)

反転させて撮ってみた。

z90ns_ssd (6)

HDDのケーブルを外す。金具は引っかけて固定しているだけなのだが、少しねじりつつ取らないと外せないのでコツがいる。

z90ns_ssd (7)

日立の7200rpmHDDでした。

z90ns_ssd (8)

この金具、外すときに少なからずちょっぴり曲がると思う。

z90ns_ssd (9)

ADATAの120GBに交換。

z90ns_ssd (10)

ちなみにSSDの厚さには注意しなければなりませぬ。HDDの厚みが薄いもので設計されているノートだと、入らないSSDが出てきます。

z90ns_ssd (11)

HHDをSSDに変えただけで爆速になりました。HDDの速度ってかなりのボトルネックだったのだと実感。軽さは少し軽くなった、動作音は無音。こりゃすげ~。振動にも強いし、ノートにはぴったりのパーツだよなぁ。

関連コンテンツ

関連コンテンツ



管理人からのお願い

管理人からのお願い

1.5流は著作権を放棄しておりません。文章・画像一切の引用・流用・転用・転載を認めません。まとめサイト(キュレーションサイト)での利用も同様です。

シェアする

フォローする