Vespaの混合給油に使ってるオイルとお役立ちグッズ

Vespa ET3 125 Primavera

Vespaに乗るようになってちょっと面倒くさいのが混合給油。普通のバイクだとガソリンを給油するだけでOKなのですが、Vespaはガソリンにオイルも混ぜてやらねばならず、それがちょっと手間なのです。

ハイオクガソリン1Lに対して20cc(2%)のオイルを混ぜる必要があるのですが、便利なグッズを見つけたのでいつもベスパに載せています。

Vespaの給油のタイミング

スクーターや今どきのバイクのようにヒューエルメーターはないので、リザーブタンクに切り替える=すぐに給油とGSに駆け込みます。人によってはメーター100kmごとにかならず給油とか決めている方もいらっしゃいますし、ひとそれぞれ。自分なりのルールを決めて給油しないとガス欠で死にます。

CHIKA
CHIKA

ヒューエルメーターあっても給油忘れてガス欠やらかしたことあるけどもね…

MUKKU
MUKKU

コック戻し忘れても地獄やで。

Vespaに使っているオイル

もともとペンズオイルが推奨されてるんですが、どんどん国内の代理店が扱いをやめてしまってほとんどのVespa乗りはAMALIEに逃げたんじゃないですかね。というわけでAMALIEのオイルを混ぜて使っています。

我が家に来た段階でどれぐらい走ってるVespaかわからないので、今はAMALIEとZOILを1:1の割合で混ぜています。今混ぜているボトルを使い切ったらAMALIE:ZOILを5:1の割合で混ぜようかなと。

手を汚さずにオイルを計測できるボトル

ガソリンを4L給油したら80ccのオイルを入れる必要があるわけですが、オイルボトルを開けて、計量カップで測る…なんてやってしまうとそのオイルまみれのカップはどうするの?になるじゃないですか。

みつけましたよ、オイルを持ち運びながら軽量カップ代わりにもなるボトルを。

500ml持ち運べて、10mlずつ30mlまで計測できます。注ぎ口が横向きについているので、タンクにも注ぎやすいですし、ほんとVespaに乗るなら必須のボトル。

毎回混合する比率を忘れるので、1Lで20mlを入れるのですよとわかるようにボトルに書き込みしています。4Lいれたら20ml測る注ぐを4回すればいいんですよ。(別に30、30、20でもいいですけどね)

Vespaだけでなく、その他混合給油民はみんな買えばいいと思う。ほんと便利。

プロフィール
CHIKA

パソコンを使い始めて20年、細々とITで生きています。
バイクは2st小排気量、車はレスポンスのいい車が好き。
兎に角自分で色々やる、そしてやれちゃうと信じてるロスジェネ世代。

CHIKAをフォローする
Vespa ET3 125 Primavera
スポンサーリンク
CHIKAをフォローする
1.5流

コメント はじめてコメントされる場合は https://1105r.com/send-before-comment-mail/ を読んで下さい。

タイトルとURLをコピーしました