Docomoにしたがドコモ光にしなかった大きな理由

NTT docomo

年頭にSoftbankからNTT DocomoにMNPを行いました。その際、家の固定回線をドコモ光に変更しようかと検討しましたが、最終的にやめました。実はこのセット割にはかなり大きなボトルネックがあるのですが、店頭では正しく案内されていません。

まずは総務省からの要請を理解すること

「NTT東西による光回線サービスの卸売の提供に伴う消費者向け光サービス提供に当たっての消費者保護のための取組(要請)」から必要部分を抜粋しました。

○ 利用者への注意喚起
サービス卸を利用した光サービスの転用(NTT東西(注5)の提供する光サービスから卸先事業者の提供する光サービスへの乗換え)の勧誘に際しては、サービスの内容が、利用者が現在利用しているサービスから何も変わらないと誤認することがないよう、以下について十分に注意喚起すること。

  •  サービスの提供者がNTT東西から変更されること。
  •  既存のプロバイダー契約の解除申込みが必要な場合にはその旨及び契約解除料が発生する可能性があること。
  •  サービスの乗換えにより、メールアドレスが変更となる、これまで利用していたオプションサービスが利用できなくなる等の不利益事項が発生する場合にはその旨。
  •  転用後に、NTT東西のサービスに戻る場合又は更なる別の事業者に乗り換える場合は、卸先事業者との契約を解約し、NTT東西又は当該別の事業者と新規に契約を締結する扱いとなることから、不利益事項が発生し得る(※)こと。

※ 卸先事業者の契約解除料が発生する可能性がある、契約IDが変更となる、工事が発生する、宅内機器を交換する必要が生じる等。更なる別の事業者に乗り換える場合には、これらに加えて、電話番号が変更となる。

サービス提供者が変わり解約手数料かかる場合も

NTTからドコモやソフトバンク等、携帯事業者にサービス提供者が変わります。そのおかげで全体の料金を安くしたり、請求を1本化できたりするわけです。問い合わせ窓口ももちろん変わります。

この際気を付けなければならないのは、今迄利用していたNTTでのオプションがドコモ光やソフトバンク光では用意されていなかったり、引き継げない可能性があること。

さらに、今迄利用していた回線・オプションを含めてしっかり解約手続きをしなければ二十に料金を払うことになりかねないこと。プロバイダーも併せて解約することが大切。プロバイダーのメールを利用していた場合はプロバイダーを解約すると利用できなくなるので、メールアドレスだけ残すプランを新たに契約するなどの対策が必要になります。

解約時に番号を戻せない

現在の固定回線からドコモ光等への乗換の時は番号を引きつげるのですが、ドコモ光からNTTに戻す場合、番号を引き継げません!!これがかなり重要なポイントです。番号を戻す場合は再度新規契約という形になるため引き継げなくなるのです。

固定回線の場合、長年使っている番号ですのでここのところをよく考えた上でドコモ光等の契約を行うこと。特に商売で使っておられる方は死活問題となりますのでくれぐれも注意が必要です。

私はこの一件が大きなネックとなり申込みをしませんでした。

本当に安くなりますか?

NTT Docomoと契約していますが、自宅ではスマートフォンを固定回線にWi-Fiで接続しているため、各個人2GBのプランでしか契約していません。シェアプランでないためドコモ光にしてもほとんど恩恵を受けられない状態でした。

最終的にMVNOの回線に切り替える予定なので、結局のところドコモ光に縛られるよりは自由にMVNOできる状態にしておくことがいいのではないかと判断しました。

安いという踊り文句につられるな!

かなりのトラブル要素を孕んだ契約となりますので、しっかりとわからないところは係員に質問し、納得した上での契約が必要となります。そして、しっかりと料金を見比べてみてください。

プロフィール
CHIKA

パソコンを使い始めて20年、細々とITで生きています。
バイクは2st小排気量、車はレスポンスのいい車が好き。
兎に角自分で色々やる、そしてやれちゃうと信じてるロスジェネ世代。

CHIKAをフォローする
NTT docomo
CHIKAをフォローする
1.5流

コメント はじめてコメントされる場合は https://1105r.com/send-before-comment-mail/ を読んで下さい。