故障していたADATA S510が返ってきました

シェアする

return_s510 (1)

VGN-Z90NSに入れていたADATAのS510が認識したりしなくなったりする問題で、Z90NSが2台ある我が家ではSSDが故障と断定できたのはいいのですが、レシートと保証書をなくしておりました。ADATAのサポートに販売後まだ1年しか経ってないし保証受けられるかとメールしたところOKと返事を頂いたのでEMSで送ったわけであります。(修理に出すよの記事

4週間経って返ってきました。ADATAのカスタマーサポートからは修理しましたという返事があったので修理されたものが届くのかと思いきや・・・

return_s510 (2)

新品じゃねーかよ!

return_s510 (3)

えーっと・・・私が買ったのは9.5mm。これ、7mmですやん。

return_s510 (4)

S510はデータ用にしてねとADATAが公式にいうぐらい、この型番どうもハズレっぽい。マイクロンのチップがどうもあんまりイケてないみたいで認識しなくなったり、速度低下も問題になっている模様。S511はインテルチップなのでそういうのは今のところあまり出ていないみたいだけど。

return_s510 (5)

7mm、やっぱり薄いね。

return_s510 (6)

でも、CFDのSSDと違ってスペーサーもついてた。両面テープが裏に貼りつけてあって、それを張って分厚くするだけの簡単仕様ですが。

return_s510 (7)

900円で返ってきたしよしとしよう。

SSDがなんと年内に返ってきたので、修理品は全部片付きました。すばらしい。DOS/V系の修理は2ヶ月ぐらいかかることがあるので、年越しも覚悟していたのだけど、比較的スムーズに進んだパターンだと思う。

ちょうど相方父のマシンにのっけているHDDが死亡寸前なので、これに入れ替えようかな~。

関連コンテンツ

関連コンテンツ



管理人からのお願い

管理人からのお願い

1.5流は著作権を放棄しておりません。文章・画像一切の引用・流用・転用・転載を認めません。まとめサイト(キュレーションサイト)での利用も同様です。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク