阪神更新センターで運転免許を更新してきました

シェアする

renewal_drivers_license

兵庫県は大阪府と違ってとにかく広い。運転免許更新のために警察署だけでなく、運転免許更新センターが3カ所用意されている。ちなみに特定の市に該当する場合、免許更新センターでしか更新できない。警察署で更新する場合は写真を持って行けるので、自分の気に入った写真を免許にできるのだけどすくなくとも阪神地区住民はそれができないわけだ。

今年の面倒ごとは今年の内に片付けておきたかったので、ドタバタしながらも行ってきました。

元々大阪の箕面に住んでいたのだけど、門真に行くより伊丹に行く方が近いし都道府県の縛りがほんとバカらしく思えるぐらい大阪府民のときはこの更新センターはうらやましかった。距離的にも近いし、更新にかかる時間が半端なく短いんだもん。注意点としては、入館すると流れ作業で休む間もなく更新終了となってしまうので、身だしなみチェックとトイレはあらかじめ済ませておくことを強くおすすめする。

阪神更新センターにはどうやって行く?

ちなみに阪神更新センターはJR伊丹駅からは歩いて数分だが、阪急伊丹駅からは結構歩かねばならないので注意すべし。車では来るなと書かれているが阪神更新センターの隣には伊丹市立JR伊丹駅前駐車場があるし、少し歩けばダイヤモンドシティもあるので、実は駐車場にも困らない。

hanshin-koushin-map

JR伊丹駅前駐車場

阪神免許更新センターの隣にある駐車場。そんなに広くないので混雑時にはいっぱいになることも。

料金は30分150円なので良心的。

買い物の予定があるのであればイオン伊丹にとめて歩くといいでしょう(駅をまたぐ分わりと歩くけど)。

運転免許更新の流れ

入館してすぐに、届いたはがきと免許を提出させられる。今持っている免許をスキャンして更新用の書類を作成してくれるので、自分で書類を書く手間が随分省けた。その書類をもって印紙代を支払うのだが、その際安全交通協会の加入も強く勧められる。が、これはあくまで任意なので私は絶対に払わない。いかにも払わないといけないような流れで案内するのが詐欺的なので騙されてなるものか!

さて、次に視力検査を行い、写真を撮影。この写真、いつの間にか撮られてしまうので、いつも微妙な顔になってしまう。ICチップのパスワードを決めて最後に講習を受ける教室の場所が書かれた紙を受け取る。ここまで大体10分で済んでしまった。かなりシステマティックで感動的である。教室自体も講習を20分間隔で設定されているので、少人数教室で回転が早い。講習中に新しい免許を作って講習後そのまま渡してくれるようになっているので、滞在時間は講習時間+30分程度だろう(混雑していなければ)。

更新後の感想

門真で更新するときはほんと1日仕事だったのでこのスピーディーさはありがたい。ちなみに門真は待ち時間が多いので、待ち時間の間に献血してくれということで、献血ブースまである。まわりにはコンビニがあるだけで行きたい店があるわけでもなく超苦痛だったが、ここはスピーディーな上に近くにイオンモール伊丹まであるありがたい立地!

無事更新も終わったので、安心して年越しできそうです。

2017/1/8追記

今回も更新してまいりました。年明けすぐの日曜日だったので大混雑だったが、流れ作業がすさまじくよくできているので、講習の教室に入るまで30分程度しかかからなかった、スゴイ。混雑している場合、使っている教室で2回目の開講が必要になるため少し早く切り上げる場合があります。

早く終わってラッキーと思うんだけど、法定で90分と決められているのにそれを短くしちゃうのはどーなの?思わなくもない。

今回は忘れずに隣の駐車場の写真を撮影してきましたので画像を追加しました。

関連コンテンツ

関連コンテンツ



管理人からのお願い

管理人からのお願い

1.5流は著作権を放棄しておりません。文章・画像一切の引用・流用・転用・転載を認めません。まとめサイト(キュレーションサイト)での利用も同様です。

シェアする

フォローする