ヴォクシーハイブリッド納車後改めてオプションを考える<その他必需品編>

第七岸壁にて撮影 TOYOTA VOXY HYBRID (80系)

第1弾 ヴォクシーハイブリッド納車後改めてオプションを考える<メーカー編>
第2弾 ヴォクシーハイブリッド納車後改めてオプションを考える<ディーラー編>
第3弾 ヴォクシーハイブリッド納車後改めてオプションを考える<社外品>
の最終編!

ヴォクシー・ノア・エスクァイアの欠点を補うべく考えておきたい「コト」、購入・交換したい「モノ」をリストアップしました。

ロービームの照射範囲が狭い

ロービームがLED化されたことにより、省電力化されているのはすばらしいことだが、照射範囲が狭いので川沿いや山道を走るのは結構コワイです。照射範囲の狭さを補うためにまず行っておきたいのは、ディーラーにて車検ギリギリの高さまで光軸をあげてもらうこと。多少はマシになります。標準だとガードレール上の反射板にすら当たらない照射範囲なのでゾっとします。

高さはもうどうしようもないのですが、さらにコワイのが左右の照射も狭いのです。狭くて暗い道で歩行者を確認できないレベルで左右暗いのでフォグをLED化して照射範囲を広げることをオススメします。私はLEDAのLEDを入れました。LEDAは光がかなり明るく、配光がハロゲンに近く光軸を気にせずフォグに使えるので、素人でも簡単に変えやすい点を評価して選びました。ちなみにHIDを入れると灯体がプラスチックなので溶けます。

ルームランプが暗い

懐中電灯より暗い。故に、夜はルームランプを付けても室内がぼや~っと見えるだけで書類等々を見ようと思っても見えません。一応ディーラーオプションでLED化できますが、社外品のキットの方が明るくてオススメです。せっかくロービームをLEDにしたのだから、室内灯もLEDにはじめからしておけよ・・・ということで、VOXYにAxis-PartsのLEDを入れた様子はコチラ

シートがショボい

エスクァイアはシートが合革なので不要かもしれないが、ヴォクシー・ノアのシートはファブリックなのですり切れ防止・汚れ防止を考えているのであれば納車時からシートカバーを付けておくのがオススメ。私は悩みに悩んで最終的にClazzio Airを装着しました。Clazzioのカバーは一番取付しやすく(ディーラー担当談)、破れにくいのでオススメなんだそう。

そもそも内装のゴージャスさをもとめるのであればヴォクシー・ノアでなくエスクァイアを購入するほうがいいと思う。

シガーソケット増設

フロントに1個しかありません。今時スマホを充電したりするのになぜ1個しか用意しなかったんだろうと不思議でしかたない。設置場所もちょっと触りづらい場所なので、使い安くするためにYACが出しているUSB+シガーソケット増設がいちばんデザイン的にも機能的にもしっくりくるので超オススメ。

ハイブリッドにはQiのパッドがついていますが、あの幅におけるスマホって限られていますし、そもそも現状Qiに対応しているスマホも少ないので、Qiつけるぐらいならコンセント化してくれているほうが有り難かったわと思っています・・・

まとめ

4部に分けて記事にしましたが、ヴォクシーだけでなく、ノア・エスクァイアも兄弟車なので参考になるかとは思います。あくまでも個人的な見解なので、最終的にはディーラー営業とよく話し合って、自分で納得してから発注してくださいね。

コメント はじめてコメントされる場合は https://1105r.com/send-before-comment-mail/ を読んで下さい。