ヤメ時がわからなくなるウィッチャー3をやっとクリア

ゲーム

私のコントロールレベルでギリギリできるゲームで、かなりおもしろいのでやってみて下さいとオススメされたゲーム「ウィッチャー3」を1ヶ月ほどかけてクリアしました。フリーシナリオなのですが、もうやること多すぎて生活の多くを投げ捨ててプレイしてもクリアまでかなり時間がかかりました。

でもでも、辞められなくなるぐらい面白い。やみつき度が半端ない。秋の夜長にオススメなゲームNo.1。殿堂入りするのもうなずけまくりなゲームでした!

(ネタバレしないように記載しています)

操作は無双系がプレイできればOK

難しさを4段階に設定できるので、どなたでもプレイ可能な設定が見つかります。ゲーム途中でも難しさを変えられるのでストーリーを楽しみたい人・バトルを楽しみたい人どちらも楽しめる作りになっています。

普通モードでプレイしましたが、難しさ的には無双系が操作できれば普通モードでクリアできるレベルです。

ウィッチャー3はキャラクターの個性がしっかり!

主人公のゲラルドはじめ、出てくるキャラクターがしっかりと作られていてゲーム中もそれぞれの性格が色濃く反映されたシナリオになっています。コイツ、ほんま短気やわ~とか、本気でイヤなやつ~とか、ゲームを進めていく中で気持ちが乗り移っていくぐらい心をつかまれてしまうのです。

プレイする前に公式サイトの世界観やキャラクターのページを読んでおくとシナリオがよりわかりやすく楽しめます。

シナリオが細かなところまで作り込まれている

メインのシナリオもかなりよく出来たゲームで、メインだけ進めていくだけでも相当楽しいのですが、サイドシナリオも細かな部分までよく作られています。サブのシナリオの進め具合で途中に出てくる話が細かく変わったり、序盤でのできごとが終盤で・・・なんてこともあるので何度でも楽しめるように作られています。

世界観がしっかりしているのはもともと魔法剣士ゲラルドという小説を元につくられているゲームだからかもしれませんが、シナリオの楽しさはここ数年プレイしたゲームで1位かもしれません。中だるみしないんですよ、コレが。

エンディングのシナリオも3種類あるらしく、少なくとも3回プレイしないとすべてのエンディングが見られないようになっている模様です。

膨大な作り込みのおかげでやること盛りだくさん

メインのシナリオだけでなくサブのシナリオも膨大、そしてフリーシナリオなので何からはじめればいいか迷うぐらいたくさんシナリオが存在します。1回目のクリアでは多くのチェックポイントを残したままクリアしたので2回目はゆっくりと秋の夜長を楽しみつつプレイしてクリアしていく予定です。

グウェントというカードゲームも用意されているのですが、これがまたカードゲームとしてだけでも非常に優秀なゲームに仕上がっています。グウェントはあまりに人気で結局それだけでゲームが発売されることになったぐらい。1回目はグウェントを無視して進めましたが、この要素も含めて全てクリアするのはかなり時間がかかりそう。

過去のゲームもしたくなる面白さ

ウィッチャー3ではじめてPS4かつ日本語でプレイできるようになりましたが、過去の2作品もかなり評価の高いゲームっぽいです。PCでのみしかプレイできず、日本語版もないのでプレイすることは諦めましたが、シナリオの中には過去を臭わせる内容も頻出するので、シナリオだけでも楽しみたいな~と思うのです。

小説本が3冊日本語に翻訳されて販売されているので、折を見て購入して読む予定です。

唯一残念なのは字の小ささ

世界観を補うために各所で本を読むことができるのですが、どれもこれも字が小さくて文字間・行間ともにつまっておりTVで読むにはなかなかシンドイサイズです(めがねの要らない視力1.5の目で)。

途中で読んでるとイヤ~~~~~ってなるぐらい。

もう少し読みやすければいいのにな~と思うところがウィッチャー3の唯一の欠点かもしれません。

まだ当面時間を作ってプレイし続けます

昨日から2回目をプレイしています。エンディングが3パターンあるので、全部見たいんですよね。大まかなストーリーを早く進めたい一心でこのブログの更新が大きく止まるぐらい生活を捨ててプレイしましたが、次はゆっくりと細かな部分を楽しみつつ、空き時間でプレイしてなが~く楽しむ予定です。

秋の夜長どころか年を軽く超えるぐらいのボリューム感なのでゆっくり楽しみます。

プロフィール
CHIKA

パソコンを使い始めて20年、細々とITで生きています。
バイクは2st小排気量、車はレスポンスのいい車が好き。
兎に角自分で色々やる、そしてやれちゃうと信じてるロスジェネ世代。

CHIKAをフォローする
ゲーム
CHIKAをフォローする
1.5流

コメント