ChromeでAmazonのリンク表示がおかしい時の対処法

ソフトウェア

1年以上前からChromeでAmazonのページを開くとURLの表示がおかしくなり、レイアウトが崩れるという状況に陥っていました。時間のあるときにちょこちょこ原因を探っていたのですが、やっと理由が判明したので対応策を書き残しておきます。

Amazonのリンク表示がおかしい!

どんな感じに表示がおかしいかというと、以下のような感じ。商品名などのリンク部分が勝手に全部URL表記されるようになってしまいました。おかげで「詳細をみる」や「カートに入れる」ボタンもうまく動作しません。

Amazon表示崩れの原因を特定する

Chromeのメニューをクリックし、シークレットウィンドウを開きます。シークレットウィンドウにてAmazonのページを開き表示が崩れていなければChromeにインストールしている「拡張機能」が理由です。

普通のChromeに戻り、拡張機能を1個ずつ消していって下さい。特に先に消していくのはリンク系を司る拡張機能。私の場合、「Clickable Licks」という拡張機能が悪さをしていました。

消して都度、ページの更新を行って正しく動作しているか確認してみてください。運が良ければ1個目で表示の不具合が解消されるはず。拡張機能をもう1度増やす場合も同様に1個ずつ増やしていって下さい。

問題の拡張機能をアンインストールしたところ、無事正しく表示されるようになり、レイアウトも崩れなくなりました

これで無事にタイムセール祭りを楽しめます。

もし拡張機能の問題ではなく、表示崩れが改善されない場合はChromeのキャッシュを削除してみてくださいませ。

プロフィール
CHIKA

パソコンを使い始めて20年、細々とITで生きています。
バイクは2st小排気量、車はレスポンスのいい車が好き。
兎に角自分で色々やる、そしてやれちゃうと信じてるロスジェネ世代。

CHIKAをフォローする
ソフトウェア
スポンサーリンク
CHIKAをフォローする
1.5流

コメント はじめてコメントされる場合は https://1105r.com/send-before-comment-mail/ を読んで下さい。