アルマニア エッジラインが届いたのでiPhone 6Sに装着した

iPhone 6S

悩みに悩んでiPhone 6Sのバンパーをアルマニア エッジラインにしました。楽天で購入したものが届いたので早速装着することにしました。今回は別々のバンパーを買うかという話もでましたが、結局夫婦そろって色違いの物を購入するに至りました。

アルマニア エッジラインのレッド

alumaniaの製品はiPhoneのバンパーだけでなくXperiaのバンパーもかなり作り込まれた製品になっており、使う側にとっていいものを届けたいという意気込みがものすごく感じられる。

アルミニウム感をだしたパッケージで届きました。

中身は説明書・バンパー・工具となっておりました。

バンパーの中にプラのフレームをはめ込んでがっちりと動かないように固定する仕組みとなっています。

中に履かせるプラは黒と白が用意されていましたが、iPhone 6Sのグレーに取り付けるので黒を選択しました。

プラのフレームでiPhoneを挟みます。

その状態でバンパーにスライドして入れていきます。

きっちりと入ったら底面を取り付けてネジで固定します。

表は赤黒でなかなかいい感じになりました。

裏はグレーであるが故にちょっとのぺーっとした感じの印象です。ちなみに白のプラを履かせてみましたが、これはかなりダサかったです。

右サイドはアルマニアのロゴが配置されており、電源ボタン部分は押しやすいように別ボタンがしっかりと用意されています。またSIMも変更しやすいようにくりぬかれているので、バンパーを外さなくてもいいようになっているのは大変助かります。

左サイドはマナーボタンの部分がくりぬかれており、ボリュームボタンは別ボタンが用意されています。マナーボタンは操作しにくいものの、逆に言うとポケットの中にいれて勝手に切り替わることがないのでこちらの方が個人的にはありがたい状況となっています。

ストラップ用の穴もつけることができます。ただ、場所が上なので、ネックストラップをつけた場合、iPhoneで電話する時にかなり微妙な位置になるので便利ではないかもしれません。

アルマニア エッジラインのシルバー

私用にはシルバーを購入しました。シルバーにも白と黒のプラが用意されていましたが、シルバーには白を選びました。

赤の時と同じように装着しました。表のホワイト具合とシルバーがかなり調和していて綺麗です。

裏も同系色でまとまっているため、落ち着いた感じのバンパーになっています。

iPhone 6Sは丸みを帯びていて持ちやすくなった反面、引っかかりが少なくアルミであるが故に乾燥肌の私はたった数日間で何度か落としかけました。このバンパーは角落としがしっかりされているにもかかわらずこの凹凸がiPhoneを持った際にしっくりとくる凹凸になっていてかなりグリップ感が向上しています。

バンパーをつけるとその分重くなるので今回はバンパーなしで生活してみようかと思いましたが、そそっかしい私たちには必須アイテムです。

alumaniaのバンパーは今まで購入してきたバンパーの中で一番よく出来たバンパーだったので、Xperia Z5 Premiumもalumaniaのものに買い換えようかと思っています。いいバンパーが見つかってしあわせ♪

プロフィール
CHIKA

パソコンを使い始めて20年、細々とITで生きています。
バイクは2st小排気量、車はレスポンスのいい車が好き。
兎に角自分で色々やる、そしてやれちゃうと信じてるロスジェネ世代。

CHIKAをフォローする
iPhone 6S
CHIKAをフォローする
1.5流

コメント はじめてコメントされる場合は https://1105r.com/send-before-comment-mail/ を読んで下さい。