WordPressの記事内リンク切れを自動で確認させる

ハピタス
管理人が唯一利用しているポイントサイト「ハピタス」
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

WordPress logo

ブログを長く続けていると、いつのまにかリンクしていたサイトのURLが変わっていたり、サイト自体が閉鎖されている場合がある。膨大な記事を定期的に1つずつURLのチェックをするわけにはいかないので自動でリンク切れをチェックしてもらうようにするプラグインは導入しておきたい。

特に、Googleの検索ではリンク切れの放置を重要視していることもあり、絶対にきっちり対応しておきたい項目である。

自動でリンクチェックを行うプラグイン

Broken Link Checkerをインストールすると自動でリンク切れを起こしていないかチェックしてくれる。また、編集ページを開くことなくリンクの解除を行ったりすることもできるので大変便利なツール。

注意点はマルチサイト化している場合、サイトごとに有効化すること。一括で有効化すると、マルチサイトの動きがおかしくなるため。

Broken Link Checkerの使い方

wordpress_broken_link_checker (1)

インストールすると、設定項目にBroken Link Checkerが追加されているのでクリック。

wordpress_broken_link_checker (2)

Broken Link Checkerのオプション設定が開く。基本的に設定を変える必要性はない。あまりに高頻度でチェックすると負荷がかかるので、週1ぐらいで設定しておくことが望ましいのかもしれない。

wordpress_broken_link_checker (3)

リンクのチェックだけは全項目チェックを入れておくといいだろう。

wordpress_broken_link_checker(4)

設定しておくと自動的にリンクのチェックが行われるので、あとはあぶりだされるのを待つのみ。

リンク切れも放置せずにすぐ対応できるのでアラートが出たら、URLを確認してリンクを貼り直す、文章を一部編纂するなどの対応がスムーズになる。

Web担当者のためのWordPressがわかる本 あらゆるビジネスサイトで使える企画・設計・制作・運用のノウハウ
by カエレバ

<<< 管理人からのお願い >>>1.5流は著作権を放棄しておりません。文章・画像一切の引用・流用・転用・転載を認めません。まとめサイト(キュレーションサイト)での利用も同様です。
スポンサーリンク

フォローする