SONY VAIO VGN-S54B/S メモリ増設とHDD交換

シェアする

VAIO VGN-S54B/SのHDDがエラーを吐いたのでHDD交換をすることに。簡単にHDDまでアクセスできない構造なので、ちょっと面倒な構造ですが、レッツノートなんぞに比べればかわいいものです。

VGN-S54BS_image

交換の前に用意するもの

  • ドライバー
    ファミドラがオススメ!
  • ピック(あれば)
    ガワを外すときにあると便利です。
  • 新しいHDD
    2.5インチ SATAのHDDを購入すること!
  • メモリ
    DDR2のメモリを用意。

追記(2016/1/31):いまならSSDに交換するほうがおすすめです。

VGN-S54B/S HDD交換手順

まずはパソコンのバッテリーを外し、さらに裏ねじをすべて外す。裏ねじは無くさないようにする。また、ネジ位置もしっかり確認しておく。まずはキーボードユニットを外す。ファンクションキーあたりにちょっと手を引っかけてタッチパッド側に少し引き下げならが持ち上げると外れる。

vgn-s54bs-1

キーボードユニットは細いケーブルでマザーボードと接続されているので気をつけながら外す。キーボードを外したら内側に隠されていたネジも一緒に外す。

vgn-s54bs-2

ちなみにメモリはここにあります。

vgn-s54bs-3

容量が少なかったので1GBのものに差し替えておきました。

vgn-s54bs-4

向かって左上にある穴からコネクタ2個もはずしておく。

vgn-s54bs-5

ピックなどを使って内天板を外す。

vgn-s54bs-6

じゃ~ん、外れました。

vgn-s54bs-7

上で外したコネクタは電源ボタン等に接続されているもの。あとで戻し忘れないように!

vgn-s54bs-8

タッチパッド裏はかなりややこしい配線になっているので触らないほうが無難。

vgn-s54bs-9

さて、これでやっとHDDにう到達。ちなみにここまでめくれたらCPUも交換可能です。Pentium M740(Dothan Socket 479, FSB 533)が搭載されているので、M750・760・770・780までは物理的には搭載可能。ただ、廃熱処理が追いつくかどうかは不明ですが。

vgn-s54bs-10

さて、コネクタを外し、HDDを取り外します。

vgn-s54bs-11

中身は富士通のMHV2080BH(80GB)でした。東芝・富士通はほんと良く壊れます。

vgn-s54bs-12

どうせ修理するならと日立のHTS543232L9A300(320GB)にしてみました。HGST製品は丈夫なHDDが多いので、交換の際はケチらず入れています。

vgn-s54bs-13

さて、あとは元に戻すだけ。

vgn-s54bs-14

組み上げ直したら・・・

電源が入ってVAIOのロゴが出た段階でBIOSに入ってHDDが認識されているか確認。問題なければ、リカバリーディスクを使ってOSを入れ直しするとまた使えるようになります。

関連コンテンツ

関連コンテンツ



管理人からのお願い

管理人からのお願い

1.5流は著作権を放棄しておりません。文章・画像一切の引用・流用・転用・転載を認めません。まとめサイト(キュレーションサイト)での利用も同様です。

シェアする

フォローする