オムロンヘルスケアの多大なる裏切りを消費者は忘れない

ハピタス
管理人が唯一利用しているポイントサイト「ハピタス」
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

anger-image

突如オムロンヘルスケアから「「WM(わたしムーヴ)」各種サービス/アプリの統廃合に関するお知らせ」というメールが届きました。

以下全文

お客様各位

平素は「WM(わたしムーヴ)」サービスをご愛顧いただき誠にありがとうございます。
「WM(わたしムーヴ)」は、現在、会員数が250万人を超え、多くのお客様に健康的なライフスタイルのサポートツールとしてご活用いただいております。このたび弊社は、スマートフォンの急速な普及や、それに伴う通信機能付きヘルスケア機器の拡大といった環境変化への対応、およびオムロン ヘルスケア社の「OMRON connect」対応機器発売による「ウェルネスリンク」対応機器の段階的販売終了に伴い、現行のパソコン向けサービスとスマートフォン向けアプリの見直しをさせていただきます。

この見直しの一環と致しまして、ウェルネスリンク機器の測定データの管理が可能な「WMアプリ」や基礎体温の管理が可能な「カラダのキモチ」を中心としたアプリへの統合を図り、「ウェルネスリンク」サービスとして提供しているパソコン向けサービス、およびスマートフォンアプリにつきましては2017年12月をもって終了いたします。

なお、現在お使いいただいているアプリによって、後継アプリである「WM(わたしムーヴ)アプリ」あるいは「カラダのキモチ」アプリで引き続きご利用いただけるもの、一部の機能に限りご利用いただけるもの、あるいはご利用いただけなくなるものがございます。
サービス/アプリの統廃合に伴う詳細については、以下の「サービス/アプリ統合に関する詳細サイト」にてご確認ください。
http://www.faq.healthcare.omron.co.jp/?site_domain=wellness

「WM(わたしムーヴ)アプリ」への移行時は、ペアリング情報を解除し、再度機器登録をお願いいたします。
1. iPhoneの「設定」→ 「Bluetooth」をタップします
2. ご利用中の製品名の右側にある「i」をタップします
3. 「このデバイスの登録を解除」→ 「デバイスの登録を解除」をタップします
4. iPhoneを再起動します
5. WM(わたしムーヴ)アプリを起動し、「設定」→「機器登録」をタップします
6. 登録したい製品の写真を選択し、「登録を続ける」をタップします
※個人番号を設定している場合は、「既に機器で個人番号を登録済みの方…」をタップし、ご利用の個人番号を選択してください
7. 画面の指示に従い、機器を通信待機状態にし、機器登録を行ってください
弊社は、今後もお客様への一層のサービス向上に取り組んでまいりますので、何卒ご理解を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

パソコン向けサービスの完全終了

スマートフォンの小さい画面でグラフを観たり、数値を確認するのが嫌であえてパソコンでもデータを確認できるオムロンを購入して利用していたのに、このサービスをばっさりと切ってしまうあたりが相当ひどい。

正直なところウェアラブルガジェットとしては小さくもなく使い勝手も海外他社メーカーに大きく溝を開けられているにもかかわらず、オムロンヘルスケア製品を選んでいたのはパソコンでデータを閲覧・編集できる便利さにかなうものがなかったからで、パソコンでデータが見られなくなる・データを保存できなくなる時点でオムロンヘルスケア製品を使う意味は何もないのだ。

睡眠計・ねむり時計はゴミに!

現行製品ではなく、旧製品の睡眠計・ねむり時計は新サービスに対応すらしておらず、単体でも利用できないため無用の長物となります。オムロンヘルスケアは新製品への買替キャンペーンを行っていますが、発売から4年程度で1万円以上もした製品がまるでつかえなくなる状態に陥るとはよもや誰も想像していなかっただろうし、仮に買い替えたとしてもまた同じ状況になるかもしれないと考えるとオムロン製品をもう一度買おうとは全く思えない。

睡眠計・ねむり時計に関しては消費者を小ばかにしているとしか思えない対応で正直相当うんざりした。

ドコモと組み始めてからおかしくなった

NTTドコモとオムロンヘルスケアが提携し始めてから、クラウドデータサービスをドコモに押し付けて、オムロンヘルスケアは機器の開発だけに取り組みたいという図式が鮮明に浮かび上がるような形にはなってきていましたが、ここにきてそれが明確になりました。

国内メーカーが各キャリアの要望を吸い上げて作り上げてきたガラケーの最後と同じような道筋をたどっていくのだろうという暗い未来しか見えてきません。土管屋に左右されることなく土管屋をうまく使いこなせるメーカーであればいいですが、今は土管屋にうまく使われているだけでオムロンヘルスケアのが培ってきた強みをすべて捨ててしまいましたね。

さようなら、オムロンヘルスケア。そして、私は新しいウェアラブル端末探しの旅に出ます。

<<< 管理人からのお願い >>>1.5流は著作権を放棄しておりません。文章・画像一切の引用・流用・転用・転載を認めません。まとめサイト(キュレーションサイト)での利用も同様です。
スポンサーリンク

フォローする

『オムロンヘルスケアの多大なる裏切りを消費者は忘れない』へのコメント

  1. 名前:FUKU (@FUKUXYZ) 投稿日:2016/12/05(月) 10:19:55 ID:134a334ae 返信

    まったく腹立たしい、自分は活動量計と血圧計をやっていたが、まさかオムロンがこんなことをするとは!ただ、前からサイトの使い勝手が悪くこの会社はそっちのほうはダメなんだろうなとは感じていた。自社でやるには手に余ってついに放り投げたというのが正直なところではないか。そんな会社は生き残れないんじゃないかな、いや生き残ってほしくありません。

    • 名前:1105R 投稿日:2016/12/05(月) 13:46:05 ID:873f67292 返信

      こんにちは、コメントありがとうございます。
      まさかここまで大々的にサービスを切ってくるとは思ってもみませんでした。
      血圧を測って病院に治療目的で提出しておられる方もいらっしゃいますから、「健康」を売る会社が何を考えているのだろう?と怒りを覚えました。
      こんなことをするなら最初から風呂敷をひろげなければよかったのに!