WDのHDDが壊れたのでRMA申請してみた

シェアする

パソコン工房で購入したHDDが2年保証と謳っているにもかかわらず、店頭で保証してくれるのは購入後1年までで、1年後~2年までの保証期間内に壊れた場合は自分でWDにRMA申請しろよという謎な保証体系でした。

どうせ壊れるなら1年以内に壊れてくれれば良かったものの、1年超えてから壊れたんですよね。手間をかけてくれやがる。もう、破棄しちゃってもよかったのですが、物は試しにRMAの申請をしてみることにしました。

本当に保証期間内かどうかを確かめる

まずはWestern Digitalのサイトで、壊れたHDDが保証期間内なのかを確かめておく必要があります。

Western Digital(WD)は、さまざまなデータのバックアップ、共有、保存が可能な、ストレージソリューション、ハードディスクドライブ、ネットワーク接続ストレージデバイスで業界をリードする総合ストレージソリューションプロバイダーです。

公式サイトの右上のサポートをクリック。

サポートサイトに移動するので、保証と返品をクリックすると出てくるメニューの「保証サービス」を選択。

「ドライブは保証期間内ですか」という怪しい日本語の項目をクリック。

なぜか韓国語なメニューですが、製品属性だと思われます。Other WD Productを選択し、シリアル番号はHDDのシリアル番号を入力して送信する。

すると保証状況を確認することができます。この時の有効期限はHDDの製造年月日ベースではじき出されている様子です。

保証期間内であることを確認して、サポートポータルにログインしRMA申請を行います。

WDのポータルサイトに登録する

WDのポータルサイトに登録しなければRMA申請ができません。WDサポートポータルに登録していない場合は新規登録からはじめます。

項目を選んで行く度に新しい項目が下にポコポコ湧いてくるので必要事項を入力して登録する。

登録が完了すると自動ログインされるので、壊れたHDDの製品登録を行う。製品登録も出てきた項目を埋めるだけで簡単に登録される。

いよいよRMA申請を行う

製品登録が終了すると、現在登録されている製品に登録した製品が上がってくるので、該当の製品の右側メニューに「RMA作成」というリンクがあるのでクリック。

するとなんでRMAするんじゃい!ときいてくるので、今回はSMARTエラーが出ていたため申請するんだよという内容で送りました。他にも色々な不具合が出ていたのですが、SMARTも勿論出ていたのでSMARTエラーにしました。理由を選んで、コメントは入れずに送信。

すると、送り先の住所を入力しろと出てくるので、必要事項を入力して送信。

RMAをうける手順が書かれたページに移動するので記載されている住所にHDDを送りましょう。英語で書かれているので、また台湾とかに送るのか?と思いきや、日本でした。

日本語で書けばいいのに、海外の会社はやることが雑だよね~。

Mitsubishi Logistics Corporation
Tokyo Branch C-warehouse
29-1, Kaigan 3-chome, Minato-ku,
Tokyo 108-0022 JAPAN
Attn: WD RMA receiving
電話番号: +03-5442-2098

クロネコヤマトで送るので、配送会社の手間を減らすべく、日本語に書き換えて送り状を作成しました。

108-0022
東京都港区海岸3-29-1
三菱倉庫株式会社 東京支店 C号倉庫
WD RMA 受付
03-5442-2098

こんな雑なやつらのいいなりになりたくなくなってきた(怒)。

事細かくかかれている梱包を無視してみる

国外に送る場合は梱包材によっては通関でNGを食らう場合があって気を遣うのですが、国内だったら通関はないし壊れないようにだけしてテキトウに送っちゃう。なんせ、このページには「それぞれのハードドライブを個別のESD袋に収納し、頑丈な段ボール箱を使用していることを確認してください。」とか書かれているのですが、ESD袋や段ボール箱を準備するだけでお金かかるんですけど!!

さらに、読み進めるともっと細かい指示が・・・

  • 内蔵ドライブをESD(帯電防止)バックに入れます
  • バッグを厚さ2インチ(約5センチ)のバブルラップで包むか、固定可能な発泡緩衝材で包みます。
  • 頑丈な段ボールの箱に入れます。ボール紙は輸送中の取り扱いに耐えられないため、使用しないでください。段ボール箱に破損がなく、構造的な欠陥がないことを確認してください。RMAラベルを印刷し、箱に貼り付けてください。箱の外側、3側面に太字でRMA番号を明記してください。

と、とてつもなく細かくかかれていてかなり腹が立ってきました。製品の精度が低くて壊れたのに、なぜここまでうるさくいわれなきゃならないのよ・・・要するに壊れなきゃいいわけでしょうに。

送料もこちらが負担しなければならないのに、わがまま言いすぎじゃね?WDさん。梱包材は無視しまくりで送ってみることに。保証されないのだったらそれはそれでいいや、もう。面倒すぎる。

購入したときのHDDの箱の中にプチプチにくるんだHDDを入れて、梱包材入りの封筒にその箱を放り込んで適当な場所にRMA番号を書いて送ることにしました。

RMA申請、最初から最後までかなり面倒くさい。でも、WDは国内に拠点があるだけまだマシみたい。もっと面倒くさいメーカーも多々あることを考えるとマシなのかもしれないけど・・・

受理されるかどうかは2週間もすれば結果出てくるので、また記事にする予定。

関連コンテンツ

関連コンテンツ



管理人からのお願い

管理人からのお願い

1.5流は著作権を放棄しておりません。文章・画像一切の引用・流用・転用・転載を認めません。まとめサイト(キュレーションサイト)での利用も同様です。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク