UQ mobileはauのMVNO回線

シェアする

uq-mobile-image

1/19追記 内容確認しました。案内ミスとのことです。データ通信はLTEのみとなりますとのことでしたので修正を行いました。とおりすがりさん、ご指摘ありがとうございました!
1/18追記 内容確認中ですので、この記事は書き直す可能性があります。

以下、1/19に内容を修正しました。

Docomo・au・Softbankの料金体系があまりに酷くMNPしたところで結局キャンペーン料金を穴埋めする形で月々の料金が相当高くなっており消費者をバカにしているとしか思えない。ぼったくり価格を放置している総務省もいかがなものかと思うのだけど、ここは消費者が賢くなるしかないのです。

auとUQ mobileの料金比較

現在auでHTL21を利用していますが、2015/02が契約更新月となっています。現状機種交換をせずそのまま使い続けると1ヶ月の利用料金は以下のとおり。(テザリングオプションは有料になった時点で外しています。)

LTEプラン 1868円
誰でも割+家族割 -934円
LTE NET 300円
安心ケータイサポートプラス 380円(これはもう切ってもいいかな)
LTEフラット 5700円
auスマートパス 401円(ウィルスバスター代+αとして考えています)
ユニバーサル料 3円
合計 7718円(税抜)

仮に安心ケータイサポートプラス、auスマートパスを抜いたとしても6937円(税抜)がかかってきます。

2/1にUQ mobileにMNPした場合は以下の通りとなります。注意点は音声通話は20円/30秒ごと・データ通信は2GBまで(超えると0.2Mbpsの速度)・契約時には手数料3000円が必要。テザリングも無料で使えるので大変リーズナブル。

データ高速+音声通話プラン 1680円
ユニバーサル料 2円
合計 1682円(税抜)

つまり1台あたり5000円ほどの差が出ます。2台だと1万円。2年使えば1台だと12万、2台だと24万円の差になってきます。

現在auで利用している端末は使えるか

UQ mobileのSIMを使うとして、まず考えておかなければならないのは端末をどうするかということ。私はHTL21をそのまま利用するつもりでいますので、HTL21が使えるかどうかはUQ mobileの動作確認機種一覧で確認しました。

メールサービス(キャリアメールのようなメールアドレスを付与)は利用できないものの、通話・SMS・データ通信・テザリングはOKとなっています。そもそもキャリアメール自体をauの段階で利用していないので使えなくても私個人としては全く問題がありません。

動作確認がとれていない端末を利用する場合は一部帯域がつかえなかったり、そもそも使えないことがあるので動作確認がとれている白ROMを買うか、UQ mobileで販売されている端末を購入して使うことになります(詳細は端末とセットでご契約いただく場合を参照のこと)。

データ通信量を確認する

MVNOの大きな特徴としてはデータ通信できるデータ量に限りがあると言うこと。まずは現状auで毎月どれぐらいデータ通信をしているかを確認すること。確認の仕方はauお客様サポートにログインし、利用明細を確認すると2014/9から明細の下に【LTE・WiMAX2+等通信量】というのが表示されています。私の利用状況は以下の通り。

2014/09 1.84GB
2014/10 2.61GB
2014/11 2.00GB
2014/12 2.88GB
2015/01 1.80GB

10月と12月は2GBを超えていますが超えた理由(端末交換時に面倒なのでWi-Fiを通さず作業していた)を自分でしっかり把握しているので超えないように利用するのはなんら問題ない状況となっています。

2GBを超える場合、無制限のプランも用意されているが0.3Mbpsとかなり遅い速度になっています(現在キャンペーンで2015/12までは0.5Mbps)。どれぐらいの速度かというと、3Gの回線のアンテナ1本で通信している速度が大体0.5Mbpsなのでそれでもがまんできる方は無制限での契約もアリだとは思います。

タイムラグなくMNPできるか

UQ mobileのページからMNPの申込をすると使えない期間(1週間程度)が発生します。メインで使っているスマートフォンの乗換になるのでこのタイムラグは相当厳しく即日で使えるようにするにはどうしたらよいかをUQ mobileに確認しました。

結論としては即時開通できるお店でパッケージを買って頂ければOKという案内でしたが、念のため購入予定の店舗に確認を取って下さいという案内もされました。ヨドバシカメラマルチメディア梅田店にて購入しようと考えているのでヨドバシカメラにも確認を取りました。auにてMNPの転出番号をもらって行けば即日使えるようになるとのことでした。

ウイルス・セキュリティ対策

auのスマートパスに加入しているとウイルス・セキュリティ対策であるウイルスバスターモバイルが付いてきます。何らかの対策は必要なので無料でよければAvastを利用する。やっぱりがっちり対策したいというのであれば、ウイルスバスターやノートン、ESETなどを購入することになります。

ESETはCanonから販売されているセキュリティソフト。3年間で5台まで利用できて4,200円(2016/2/16現在)。1台あたり1か月わずか24円。キャリアのセキュリティ対策はもちろん利用せず、コストを抑えています。

まとめ

スマートフォンは殆ど受話専用(もしくは電話不要)・データ通信が月に2GB以下というのであればUQ mobileのSIMに乗り換えを前向きに検討することをオススメします。ただし、データ通信はLTEのみなので3Gが必要な場合は選択肢に入れるとたいへんなことになります。

2/1に脱庭してUQ mobileユーザーになります。(追記:結果的にSoftbankユーザーになってしまいました。)

関連コンテンツ

関連コンテンツ



管理人からのお願い

管理人からのお願い

1.5流は著作権を放棄しておりません。文章・画像一切の引用・流用・転用・転載を認めません。まとめサイト(キュレーションサイト)での利用も同様です。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. とおりがかり より:

    UQ mobileも,音声以外はLTEのみだと思いますよ

    • No.1837 より:

      こんばんは、コメントありがとうございます。
      UQに電話して確認したのですが、もう一度確認してみます!

      公式サイトをよく見ると確かにデータ通信はLTEのみと記載がありますね。