ThinkPad トラックポイント・キーボードは修理に最適

周辺機器・アクセサリー
スポンサーリンク

ここのところ、修理用に使っていたキーボードやマウスが次々に殉職されているため買い替えラッシュです。大学のころはThinkPadを使っていたのでトラックポイントはわりと好きでした。Lenovoになりまったく買わないメーカーになりましたが、IBMのままだったらノートパソコンはいまだにThinkPadを買っていたと思います。(いや、レッツノートも捨てがたいけど)

コンパクトで持ち運びしやすいキーボードマウスはないものか?と探していた時に思い出してこの商品を買うことにしました。

ThinkPad トラックポイント・キーボード 開封の儀

Bluetoothの製品もあるのですが、あえての有線キーボードを購入しました。抜き差しして使うものなので、いちいちペアリングしてられませんし、そもそもBluetoothがついてないもあるので、汎用としてつかうなら有線しか選択肢はないのです。

化粧箱が段ボールのみ。潔くてよいですね。購入証明書がベターっと貼られてるのはちょっと嫌い。中に入れとてくれたらいいのになぁ。剥がして分別するのが面倒なんだもの。

ノートのキーボードサイズなので非常にコンパクト。

アイソレーションでなければもっと好きなのですけど、最近のパンタは全部アイソレーションですね。

コンパクトな製品ながらちゃんとキーボードの傾きが変えられる脚つき。

持ち運びしやすいよう、ケーブルも着脱式です。付属しているケーブルで長さが足りない場合は手持ちの長いケーブルで使えますし、短い方がよければ短くもできるのですべてのキーボードがこの仕様になればいいのにと思わずにいられない。

唯一残念なのはType-Cではなくmicro。丈夫さ、これから汎用になりそうなのがType-CなのでType-Cがよかったなぁ。

ThinkPad トラックポイント・キーボード Review

ここ最近のレッツノートのキーボードと比べてのレビューとします。

デザイン

ThinkPadが好きな人は、筐体の質感(昔のしっとり系ではなくなりましたけど)、角ばった雰囲気、伝統のカラーで仕上がっているのでお気に召されるかと。一言でいえば無骨なかっこよさです。

キーピッチ

フルピッチなので普段デスクトップ用のキーボードを使っている方でも快適に利用できるサイズに仕上げられています。

入力ミスになりづらいように、アイソレーションな上にキートップの形状が工夫されていて特に上下での入力ミスが少なくて快適。

ストローク

一般的なノートのキーボードは最近どんどんぺったんこになっていっていますが、12年ほど前ぐらいのストロークを維持してくれているのでパンタグラフでもわりと快適に使える仕上がりになっています。レッツノートから比べると段違いにいいですね、やっぱり。

キー配列

あくまで一般的なノートの配列と同じなので、ノートパソコンをよく使われている方であれば違和感なく使えるように配列されています。唯一ノートと異なるのはテンキーとしての割り振りがないことでしょうか。

機能性

普通のノートキーボードと異なるのは、トラックポイントがついていること。これ、慣れるとめちゃくちゃ快適なんですよね。ThinkPadだけでなくCanonのノートにも一時期ついていましたね。右クリック、左クリックも親指で操作できるので、キーボードから腕を動かさずにパソコンを操作できる操作効率が上がります。

キーボード自体のサイズのコンパクトでトラックポイントがマウス代わりになる。持ち運びやすさ、ケーブルの着脱が可能なことなどなど非常によくできた製品です。修理用のキーボードはこれから全部この製品に切り替えていこうかと思っています。(値段がちょっとかわいくないのだけが悩み!)

コメント 内容についての質問はコメントでお願いします。

タイトルとURLをコピーしました