サポートの切れたWindows XPマシンに延命措置を施す

Windows XP logo Windows

様々な諸事情によりXPをまだ2台稼働させているので、最低限やっておかなくてはいけない作業をやってみた。ただし、日が経つにつれて危険度はどんどん増していくので出来ればOSをVista、7、8にするのが望ましいのが大前提である。

Windows Updateを全部適用する

2014/4/9までに出されているWindows Updateをすべてインストールしておく。これは必ず行っておくこと。

ウイルス対策ソフトを必ず入れる

パターンもマメに更新して、スキャンも必ずマメに実行する。

不要なソフトをアンインストールする

特にフリーソフト系は危険度が高いので使わないのであれば消す。

ドライバを最新にする

メーカーパソコンを使っている場合はメーカーアップデートを必ず全部あてる。自作PCの場合は最新のドライバを探してダウンロードしておく。

なるべくスタンドアロンで使う

できればネットにつながない方がいい。

 

冒頭でも述べたとおり、できればOSはサポートの残っているOSに変えた方がいい。どうしてもというのであれば4月中をめどにするのがせいぜいだ。

プロフィール
CHIKA

パソコンを使い始めて20年、細々とITで生きています。
バイクは2st小排気量、車はレスポンスのいい車が好き。
兎に角自分で色々やる、そしてやれちゃうと信じてるロスジェネ世代。

CHIKAをフォローする
Windows
CHIKAをフォローする
1.5流

コメント