Windows 10のインストールディスクを作る

Windows 10 ロゴ Windows

Windows 7やWindows 8からWindows 10にする際には2通りありまして、OS上からバージョンアップする方法とクリーンインストールする方法となります。今回、クリーンインストールすべく、Windows 10のインストールディスクを作成することにしました。

準備するもの

  • USBメモリ
    Windows 7移行のマシンでクリーンインストールを行う場合はこちらの方法でよい。8GB以上空きのあるメモリを準備しておくことが望ましい。
  • DVD-R
    Windows Vista等古めのマシンにインストールする際に必要になります。

インストールディスクの作成方法

MicrosoftのWindows 10を入手する、USB、DVD または ISO の作成が必要な場合のページにアクセスする。するとツールを今すぐダウンロードというボタンがあるので、クリックしてツールをダウンロードする。

install-disk-windows-10 (1)

ダウンロードした「MediaCreationTool.exe」を起動するとライセンス条項が現れるので、「同意する」。

install-disk-windows-10 (2)

「他のPC用にインストール メディアを作る。」を洗濯して次へ。

install-disk-windows-10 (4)

まず、このPCにおすすめのオプションを使うのチェックを外します。DVD-R 1枚に収めたい場合は、アーキテクチャを両方ではなく32bitと64bitそれぞれ1枚ずつ作成して下さい。

install-disk-windows-10 (5)

ポップアップが出てくるのでOKで。

install-disk-windows-10 (6)

USBに作成する場合はUSBフラッシュドライブを、DVDにする場合にはISOファイルを選択。今回はISOで作成してみました。

install-disk-windows-10 (7)

指示通り作成する場所を選択すれば自動的にダウンロードが始まります。

install-disk-windows-10 (9)

ダウンロードが終了したら保存先にISOファイルができているので、DVD-Rに焼けばできあがり。

install-disk-windows-10 (10)

ダウンロードには30分程度時間がかかったので、暇な時に作成しておくのがよいかも。

プロフィール
CHIKA

パソコンを使い始めて20年、細々とITで生きています。
バイクは2st小排気量、車はレスポンスのいい車が好き。
兎に角自分で色々やる、そしてやれちゃうと信じてるロスジェネ世代。

CHIKAをフォローする
Windows
CHIKAをフォローする
1.5流

コメント はじめてコメントされる場合は https://1105r.com/send-before-comment-mail/ を読んで下さい。