富士通 Libertouch FKB8540-001/Wがやってきた

周辺機器・アクセサリー

誕生日プレゼントとして高級キーボードを頂きました!キーボード好きとしては東プレRealforce・富士通Libertouch・PFU Happy Hackingは抑えたいキーボードなのですが、ついにLibertouchがやってきました。Libertouch=メンブレン最高峰~♪

今回プレゼントしてもらったキーボード

いいキーボードなのに、富士通は積極的に販売する気持ちはなさそう。製品紹介ページのやる気のなさがもうそれを大きく物語っています。一応広告はつくってあるみたいだけどね。Windows 8になって広告すら作り替える気力すら無くなったらしい。

箱に書かれている対応OSがVistaで止まっているあたりでそのやる気のなさが伝わるかと思われます。USB1.1だしね。2008年から何一つ変えていない様子。500円のキーボードでもキーを入力できさえすればいい人が殆どでしょうから、キーボードマニアでもないと売れない商品だろうしね。あとはゲーマーかな。

fkb8540-001w (2)

Libertouch FKB8540-001/Wを開けてみる

箱は重厚。Realforceの箱は段ボールに黒で印刷した素っ気ないものだったが、Libertouchはカラー印刷。そこだけは高級感がある。あと、重み。本体の重さはRealforceより少し重たい。

fkb8540-001w (3)

付属品。ラバーを交換することで加重を変えられる。とりあえずそのまま使ってみるが、気が向いたら自分の好きな過重探しの旅に出ます。

fkb8540-001w (4)

全体図。右上のくぼみはクリップ置き。要るかといわれると、要らないけどね~・・・本体のカラーには少しパールも混ざっているのでRealforceより少しツヤっとした感じの仕上がり。ロゴのダサさだけはホントなんとかならんかねと思うんだけれど。

fkb8540-001w (5)

キーもすべて白なので、Realforceの白グレーよりシンプルにみえる。残念なのは文字の刻印がレーザー刻印なところ。安いキーボードではないので剥げにくいだろうけれど、それでもいずれ剥げてくることが推測される。Realforceとの価格差はこの辺なのかもしれないね。

fkb8540-001w (6)

使ってみた感想としては、キーが軽め、戻りの反発が少し遅いので違和感がある。金属板が仕込まれているのでへんな沈み込みは勿論なく、安定した打鍵感がある。音はRealforceからすれば少しうるさめ。それでも、普通の安いメンブレンよりは静か。独特の少し重めなしっとりとした音がするのでいい気分にさせてくれる。

当分使ってみようと思います。その間に一度Realforce SE0200をオーバーホールに出そうかな・・・

(2018/11/18追記)後継機種がでています。

コメント