ラパンの窓にこびりついた白いウロコを綺麗にする

SUZUKI Lapin(HE21S)

中古車なので仕方ないのですが、フロントガラスにウロコがびっしりで視界が悪く運転しづらいのなんのって・・・このウロコを剥がすのが喫緊の課題と体に鞭を打ち作業を行いました。

雨の降らない曇天の日ぐらいに作業するのがベストです。あと、かなり力を継続的につかう作業なので元気な日に作業しましょう。

水垢を取るためのグッズ

SOFT99 ( ソフト99 ) ウィンドウケア ガラスリフレッシュを購入してみました。理由はオートバックスの特売品だったから(最近こんな理由ばっかりだな)。

SOFT99の公式サイトより抜粋しますが

新開発のトリプル研磨粒子が、これまでのガラス用コンパウンドでは落とせなかったウロコ状のシミを強力に除去。
さらにフッ素系撥水剤や固着した油膜をスッキリ落とし、新品時のガラスのような透明感が復活します。
クリーナー性能を極限まで引き出すループファイバーパッド付。

だそうです。水アカを強力除去するらしいです。ボトルが金色だと強そうなイメージだから、超期待しちゃう!

clean-water-stein (1)

ガラスリフレッシュ作業前

ワイパーの掛からない部分はすべて強烈な水アカが一杯ついていました。白いガラスになっていたのです。ワイパー部分もうっすらとウロコ化してたので野ざらし期間が多かったのかも。

clean-water-stein (2)

ガラスリフレッシュ作業後

フロントガラスのみ2回磨きをかけました。残りの窓は疲れたのもあって1回だけ。この後ガラコをする予定だったので油膜もとりました。ゴム部分に近い場所についてはゴムを傷つけるのがイヤだったので、ちょっと避けて作業をしました。そのため縁に近い部分は白いものが残っています。

1回行った段階ではまだうっすらとウォータースポットが残っていましたが、2回目でほぼ消えました。透明な硝子になりました、私が映り込むぐらい。

clean-water-stein (3)

作業について

結構な力作業です。付属しているスポンジの白い面にクリーナーを塗布してこすっていくのですが、引っかかりのある間は水アカがまだまだついています。力をいれても滑らかに滑るようになれば綺麗になっています。

この作業の前には洗車が必要になるので、時間と天候があわないとなかなか作業できないかもしれません。

かなりこびりついていたので、ホント体力を消耗しました。ですが、綺麗になったのでこのクリーナーはかなりイケてる部類にはいります。油膜も落とせるのでこのあとガラコも塗布しておきました。

ウロコに悩んでいる方には必須グッズです。よく考えたら風呂場の鏡とかにも使えないのかな~?(うち、風呂場に鏡ないけど)。

コメント