ヴォクシーのコーティングはG’ZOXに決定

ハピタス
管理人が唯一利用しているポイントサイト「ハピタス」
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

新型ヴォクシーのオプションを考えるで記載したとおり、コーティングを撥水性のG’ZOXにするか、親水性のQuartzにするかで散々悩みました。が、G’ZOXにすることにしました。

G'ZOXパンフレット

コーティングをG’ZOXにしたワケ

ヴォクシーはオブリッドのカラーも最初は黒(202)にしようと思っていたのだけど、ズボラな私たちが維持できる色ではないと判断したので白にしました。親水性だろうが撥水性だろうがズボラだと白い筋や玉が出来てしまうのは避けられないので、それだったら白で目立たなくする作戦に出たわけです。ホワイトカラーに3万円余分に払って白いタマをごまかします。

結局、G’ZOXにもQuartzにもそれぞれ善し悪しがあり、どちらも甲乙付けがたかったので結局テクネスタジオのスタッフさんにどっちがいい?と訊いたところ白なら水を弾く撥水性のG’ZOXの方がオススメですという回答を頂いたので、G’ZOXに決めました。ちなみに黒だとQuarzの方がオススメなんだそう。黒でG’ZOXを避ける理由は、水を弾いて水玉になるが、それが流れ落ちないとレンズ効果で塗膜を焼いてしまい劣化させてしまうから。

G’ZOXにも色々な種類があって、高いものはポルシェなどの高級車によく使われるハイモスコートは流石に勿体ないので、写真のとおりリアルガラスコートを選びました。価格は知り合い価格ということでかなり頑張ってくださいました、ホントありがとう~。

ガラスコーティングもセットで

どうせコーティングするならとディーラーでも行われているスカット360もお願いすることにしました。今まで頑張ってガラコを塗り塗りしていましたがエスティマよりガラス面が広いのでもうBBAにはムリ。やっぱり綺麗に落としきれないせいか、ガラコ自体の持ちもあまりよくないので一度プロにお願いして効果の程を実感してみたいワケ。持ちが良ければ結果的にコスパがよくなるかもしれないし、こればっかりはやってみないとわかんないですもんね。

施工期間

10月入ってスグに預けて施工して貰う予定ですが、3日ほど預けることになります。コーティング剤を塗った後にしっかり焼き付けしてコーティングを定着させるために時間が必要なんだって。その間、代車だしてくれるみたいだし安心して預けられる!

終わったら絶対1回は水をば~っと掛けて撥水を試してみたい♪