日産 NOTE e-Powerを試乗してきました

シェアする

note-e-power

LEAFを買おうかどうしようか悩んでいましたが結果的に走行距離が短いことや充電の手間が乗り越えられずに購入をやめました。ノートはこの問題をクリアすべく充電ではなくガソリンでエンジンを動かし発電して車を走らせるという仕組みにしたので、LEAFで感じていた手間はクリアするわけです。

しかも駆動はLEAFと同じわけですから走りにも期待できる!ということでもちろん試乗しに行ってきました。(画像は公式サイトからお借りしました)

コンパクトカーとは思えない走り

モーターで駆動しているため、出だしも坂もとてもパワフルに動きます。外観はNOTEですが、動きはエンジン車のNOTEと全く異なります。とてもきびきびと動くので走りを求めているけれども、家族も乗るのでスポーツカーは諦めなければ…という方にはいいかもしれません。

LEAFと走りを比べると…?

やはりNOTEがベースとなっているため、LEAFと比べるとタイヤが細いためグリップ力がない分不安定な感じは否めません。また、NOTE車高の方が高い分山道などはフレームのヨレを強く感じました。

LEAFは3ナンバーの車格なので広さがあること、シートがしっかりとホールドされることを考えるとノートは車内でのホールド感も劣ります。どうしても値段差が露骨に表れる部分なので仕方のないところですがLEAFと乗り比べてしまうと不満点をたた感じてしまうのではないでしょうか。

クルーズコントロールがないのは致命的

高速道路を走行する上でぜひ欲しいクルーズコントロールですが、NOTEはオプションでさえも設定されていません。かなり走る車だけに勿体なさすぎます。夫はクルコンがない時点でもはや買うに値しないと断言してしまいましたが、遠出も意識しての購入であればよくよく考える必要性があります。

視界の広さは二重丸!
視界は広く取られているので、AQUAやLEAFよりも見やすく運転できました。

アラウンドビューモニターは進化していた

X-TRAILを試乗した際にアラウンドビューモニターも一緒に体験しましたが、1年たってさらに進化していました。X-TRAILの時は画像の継ぎ接ぎ感を感じましたが、今回は継ぎ接ぎしているものの強い違和感を感じることなくすんなりと脳が受け入れられる修正が施されており進化を感じました。

個人的にアラウンドビューモニターは車庫入れの際、子供や動物・縁石等運転席から見えない危険を排除するために必須の技術だと思うのでNOTEを購入するのであれば是非ともつけておきたいと考えています。

AQUAとの燃費競争でも実際は負けている

カタログ上の数値を出すために、エアコンなしの数値でAQUAと戦わせています。実際エアコンなしでNOTEを乗ろうなんて方はいないでしょうから、エアコンなしモデルでカタログ数値を書いちゃうのはちょっとどうかなぁと。

NOTEの価格じゃない!!

見積もりを取りましたがそれなりの設定にしても250万、最高級グレードだと270万ほどかかります。AQUAより走りはいいものの価格は30万程(AQUAは値引きが入るでしょうからもっと差額が出るかも)の差があると思うとなかなか強気な価格設定としか思えません。

NOTEではなく違う車として出されていれば違うモデルとして受け入れて購入しやすかったかもしれませんが、大衆車NOTEのイメージが強いためNOTEにこの価格を出すのは…と二の足を踏まれる方も多いかもしれません。

NOTE e-POWERのメリットをまとめると?

ガソリン車と同じように給油で車を走らせることができる
電気自動車の走りを楽しむことができる
NOTE(エンジン車)よりは高級感がある
NOTE(エンジン車)より燃費がかなりよい
コンパクトカーで走る車といえば今のところNOTE e-POWER

値段があと30万安ければAQUAとの対抗馬として真剣に考えたんだけどなぁ。高すぎてなぁ・・・

関連コンテンツ

関連コンテンツ



管理人からのお願い

管理人からのお願い

1.5流は著作権を放棄しておりません。文章・画像一切の引用・流用・転用・転載を認めません。まとめサイト(キュレーションサイト)での利用も同様です。

シェアする

フォローする