ZIPPOハンディーウォーマーをプレゼント

嗜好品

夫へのクリスマスプレゼントにZIPPOハンディーウォーマーをプレゼントしました。ハクキンカイロがOEMで作っているもので、ZIPPOが好きであればこれ、こだわりなければハクキンカイロの方がほんの少し安いかな。

購入したZIPPOハンディーウォーマー

ハクキンカイロのジッポ版。ハクキンカイロと同じ機能だがデザインがZIPPOで

zippo_handy_warmer (1)

写真に写っている4つがセットになって販売されていました。今まで使ったことがなく、ZIPPOも持っていない人であればこのセットさえ購入すればすぐに使うことができる。

zippo_handy_warmer (2)

本体。貼るカイロミニと同じぐらいのサイズ。

zippo_handy_warmer (3)

本体を入れる袋。持ち歩く際、この袋に入れないと本体は熱くて持っていられません。

zippo_handy_warmer (4)

とりあえずセットにしておいていますが、簡単に持ち運んでテーブルでセットできるように何か小物入れケースでも用意しようかと思っています。

ZIPPOは相方が昔すんでいた家を大掃除したときに出てきた物。処分するかどうか悩んだ品ですが、おいててよかった。このハンディーウォーマーの仕組みはZIPPOオイルを二酸化炭素と水に分解していく過程で発生する熱を利用した物で火を持ち歩くわけではない(厳密に言えば、高濃度の酸素を当てれば火に戻すことは可能みたいだけど)。カイロと同じく途中で熱を止められないので、あらかじめ暖めたい時間分を入れておくのだ。

ハンディーウォーマーの使い方

  1. 本体にZIPPOオイルを注ぐ。注油カップにラインが書かれており、下のラインまでで6時間分、上のラインで12時間、2杯いれれば24時間となる。
  2. プラチナ触媒を取り付け、ライターで加熱し触媒反応をスタートさせる。
  3. 本体を袋にいれる。

よく売られている使い捨てカイロと違い熱量が安定しているので、温度変化が少なく使いよい。重さと毎朝の面倒さだけはちょっとネックな部分があるけれど、ZIPPOオイルもライターも出先で簡単に購入できる代物だけに、万が一燃料切れを起こしても補給できるのもいい。相方いわく今年一番のHIT商品だそうです。

私自身はクリスマスに贈りましたが、まだ寒さの残るバレンタインデーに贈るのもいいかもしれません。

元祖ハンディーウォーマー

プロフィール
CHIKA

パソコンを使い始めて20年、細々とITで生きています。
バイクは2st小排気量、車はレスポンスのいい車が好き。
兎に角自分で色々やる、そしてやれちゃうと信じてるロスジェネ世代。

CHIKAをフォローする
嗜好品
CHIKAをフォローする
1.5流

コメント