Omega Speedmasterをオーバーホールするならオメガがオススメ

嗜好品

2年前に五十君商店にSpeedmasterのオーバーホールを依頼したのですが、また調子が悪くなりましてオメガ本店にオーバーホールをお願いすることにしました。新型コロナ騒動の前に依頼して、緊急事態宣言が出る数日前に仕上がり前日に取りに行くという、ほんとヒヤヒヤするタイミングでのオーバーホールでしたがとてもよい状態に仕上がってきました。

タイトルは当たり前の事を書いていますが、実はちゃんとこのタイトルを付けた意味があるので追って理由を記載していきます。

オメガのオーバーホールはオメガしかできなくなりつつある

ちょっと前まではオメガのオーバーホールは町中にある時計屋さんでも受けてもらうことができたのですが、今は簡単な調整以外での完全オーバーホールは受けていないか、オメガより高い金額で請け負っているお店のどちらかになってきました。

ここ数年でオメガが修理パーツを外部に提供しなくなったことが影響しており、オメガに出すしかない状況になってきているのです。

この状況を知っていたので、今回は大阪心斎橋にあるオメガにSpeedmasterを持ち込みました。

オメガでのSpeedmasterオーバーホールの流れ

まずはオメガブティックの受付でオーバーホールの見積もりをしてもらいます。時計を預けて15~30分程度で時計の状態をチェック、見積もりが出てきます。それでよければ時計を預けてオーバーホール。

今回はコンプリートメンテナンスサービス(85,800円)にベルト交換(87,120円)で依頼することにしました。コンプリートメンテサービスはかなりいい仕事をしてくれるみたいなので、どんな状態で帰ってくるか楽しみにしながらお願いしたのです。

コンプリート メンテナンス サービス | OMEGA®
オメガの時計修理について、コンプリート メンテナンス サービスのステップと、正規カスタマーサービスでの修復における時計の機能と美観を回復の方法をご覧ください。

オーバーホールの状況はメールでお知らせがくる仕組みになっています。受付して頂いた時にもらった説明用紙を載せておきます(あえて用紙は横向きです)。ネットに自分の情報を登録すれば状況を逐一メールでお知らせしますね的サービス。

オーバーホールは大体4週間ぐらいと説明されて依頼しましたが、ほんとに4週間ぐらいかかりました。

来店引き取りにしたので、メールが届いてすぐに受取に行きましたが、これが緊急事態宣言がでる前日でした。今回新型コロナのことがあったので、郵送受取にした方がよかったかもしれないと頭によぎりつつ店頭受取にしたのですが、このご時世いつまた緊急事態宣言のような状態になるかわからないので当面は郵送返却にしておく方がいいのかもしれません。

オーバーホール後のSpeedmaster

なんとおしゃれな紙袋にいれて返してくれるんでしょう。なんかこれだけでもオメガに出して良かったと思えるんですよね。

しかも、時計もこれまたオメガカラーの綺麗なケースにいれて返してもらえます。

じゃ~ん。帰って来たSpeedmaster。磨きのレベルが想像以上でテンションあがります。ベルトを交換したということもありますが、ほぼ新品!すご~い!これは出す価値が十二分にありました。

一緒にこんな感じでメンテナンスしてますよ~みたいなパンフレットも入れられていました。

ほんと綺麗な状態になって帰って来ました。交換前のベルトも勿論返却してもらえます。傷も殆どわからなくなり、風防も蘇ったので時間がくっきり見えるようになりました。

私のSeamasterもそろそろメンテナンスの時期なので、また一度お願いしに行こう!

プロフィール
CHIKA

パソコンを使い始めて20年、細々とITで生きています。
バイクは2st小排気量、車はレスポンスのいい車が好き。
兎に角自分で色々やる、そしてやれちゃうと信じてるロスジェネ世代。

CHIKAをフォローする
嗜好品
スポンサーリンク
CHIKAをフォローする
1.5流

コメント はじめてコメントされる場合は https://1105r.com/send-before-comment-mail/ を読んで下さい。