プリンターの廃インクタンクの交換とリセット方法

周辺機器・アクセサリー
スポンサーリンク

昔のプリンターは自分で廃インクタンクを交換できる作りだったのに、プリンター本体を安く売りだすようになってから、メーカー修理にだす形になってしまい買い替える前提の仕組みになってしまいました。

しかも一般的なプリンターは製品製造終了後5年でメーカーの修理が受け付けてもらえなくなるため、5年経過すると機械的に問題なくても廃インクタンクをメーカーで交換すらしてもらえなくなることも多いのです。

廃インクタンクを交換する前に確認すること

新しいモデルの一部は廃インクタンクをまた自分で簡単に変えられる仕組みになっています。それ以外、廃インクタンクの表示を自分で簡単にリセットできない機種は、ツールを使ってリセットしなければなりません。

WIC Reset Utilityを使ってリセットをかけるのですが、このツールを使ってもリセットできないプリンターの場合はあきらめるしかないので、まずは下記ページにアクセスして自分のプリンターがあるか確認してください。

WIC Resetter Supported Epson Printers list. | | WIC Reset Utility. Reset the Waste Ink Pad Counters by WIC.
WIC Resetter supports almost all Epson printers. WIC Utility is updated every day. You can easy check your printer model in WIC utility SUPPORTED MODELS Tab. ...

EPSONはだいたいありますが、Canonは少ないので要注意です。

対応機種があればWIC Reset Utilityをダウンロードしてインストール。

Download WIC Reset Utility Free. Reset Epson Waste Ink Counters by WIC Utility. | | WIC Reset Utility. Reset the Waste Ink Pad Counters by WIC.
Download WIC Reset Utility Free. You can use WIC Reset Utility for making printer adjustments. Reset Epson Waste Ink Pad Counters by WIC Utility using Reset K...

廃インクタンクに綿を詰めなおす

詰めなおしの際に必要なもの

  • コットン
    無印の生成カットコットンは扱いやすく安いのでおススメ
  • ハサミ
    コットンをカットするのに利用
  • ピンセット
    細かい形状の場合奥まで詰めるのに必要
  • ゴム手袋
    手にインクが付くとなかなか落ちないので手袋つけて作業しましょう

作業方法

廃インクタンクの場所は型番+廃インクタンクで検索すればだいたいHITします。分解して廃インクタンクを取り出して、インクでいっぱいになった綿を取り除き、同じように綿を詰めなおします。

かなりぎゅうぎゅうに詰め込まれているのがわかると思うので、同じように詰め込んでください。きれいに詰め込んだら元通り廃インクタンクを組み戻します。

廃インクタンクのカウンターをリセット

廃インクタンクの綿を詰めなおしてプリンターに戻しても、廃インクタンクがいっぱいですの表示は残ったままなので、廃インクタンクのカウンターをリセットする必要があるのです。

リセットキーを購入

カウンターのリセットはWIC Reset Utilityを使ってリセットするのですが、1台ごとにリセットキーが必要です。なのでまずはリセットキーの購入からスタート。

クレジットカードで購入するときの方法を紹介しておきます。利用できるカードはVisaとMaster Cardのみ。まずはリセットキー購入ページにアクセス。

WIC RESET KEY for the WIC Reset Uility - One Key for One Reset - Service Manuals download service
for WIC RESET KEY for the WIC Reset Uility - One Key for One Reset

カード購入のページにアクセスし、1KEYを選択。(今後複数台見込める場合は複数購入でもいいと思いますけど、いつまでもこのツールがあるかはわからないので、1KEYがいいのでは?)

そのまま購入を勧めます。

アカウントを持っていない場合、アカウント作成画面が始まるので、必要事項を入力してアカウントを作成すれば決済することができるようになります。

購入後はリセットキーの書かれたページに変遷します。メールでもリセットキーが届くのでこのページを間違えて閉じてしまっても大丈夫です。

このアクセスキーはあとで使うのでコピーして控えておいてください。

リセット作業を行う

廃インクタンクの綿つめ直し作業は必ず先に行っておいてください。綿詰め直し作業後のプリンターをパソコンと接続します。そして電源を起動してパソコンに認識させておきます。

ダウンロードしてインストールしたWIC Reset Utilityを起動。

起動すると何がしたいの?ポップアップが出てきます。まずは今回リセットしたいプリンターの型番を選択。(今回はEP-977A3をリセットした画面で紹介していきます)

廃インク~…の画面がプリンター側に出てることを確認→いったんプリンターの電源を切る→しっかり電源オフできたのを確認したのち、電源ON→しっかりと起動して再度廃インク~の画面が出て、プリンターの完全起動までしっかり待つ(ガシャガシャ動かなくなったらOK)→Continueをクリック

I want to reset waste countersをクリック

先ほど購入したリセットキーの入力を求められるので、入力してOK。(ここでキーを買うこともできるのですが、先に買っておく方がもたつきません)

キーを入力してOKを押すとリセット作業が始まるので、作業が終わるまでしばし待つ。

Congraturationのポップ(下図)がでたらリセット作業は終了なのでプリンターの電源をOFF。

再度ONしてみると…?

カウンターがリセットされて使えるようになります。

コメント 内容についての質問はコメントでお願いします。

タイトルとURLをコピーしました