WordPressのビジュアルエディタの使い勝手を向上させる

ハピタス
管理人が唯一利用しているポイントサイト「ハピタス」
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

WordPress logo

Wordで文章を書くような感覚でWordPressを使えるようにビジュアルエディタは用意されていますが、デフォルトのままだとあまり使い勝手がよろしくありません。使いやすいようにメニューバーにボタンを追加して、自分ごのみのメニューししてしまえるプラグインをいれると格段に記事を書く効率が上がります。

TinyMCE Advancedを利用する

TinyMCE Advancedをインストールし、有効化する。TinyMCE Advancedを使う前に日本語化を行う(別に英語のままでもよければそのままでよい)。

wordpress_tinymce_advanced (1)

TinyMCE Advancedを日本語化する

TinyMCE Advancedを日本語化する (4.1.1〜)のページから「TinyMCE Advanced 4.2.5 日本語化ファイル」をダウンロードして、展開。

FTPソフトでプラグインフォルダにアクセスし、TinyMCE Advancedのlanguageフォルダを開く。

wordpress_tinymce_advanced (2)

その中に先ほど展開したファイルの中に入っている「tinymce-advanced-ja.mo」と「tinymce-advanced-ja.po」をアップロードする。

wordpress_tinymce_advanced (3)

TinyMCE Advancedを設定する

[設定]にTinyMCE Advancedの項目ができているので、クリックすると日本語化されたエディタ設定画面が出てくる。

赤枠内から上部のメニューバーに自分に必要な項目をドラックアンドドロップしてカスタマイズする。最後にエディタメニューを有効にするのチェックを入れて保存。

wordpress_tinymce_advanced (5)

次に記事の新規追加画面に移行する。するとせっかくカスタマイズしたのに、メニューが出ていない。赤枠のボタンをクリックするとメニューが反映されるのでクリック。

wordpress_tinymce_advanced (6)

これでカスタマイズしたメニューバーが利用できるようになる。一度設定をしておけば間ニューバーがなくなることはないので、以降は気にせず使えるようになる。

wordpress_tinymce_advanced (7)

HTMLをコードから書く方にとっては全く必要のない作業だが、作成後の状態をある程度把握しながら記事を作成したい場合には必須のツール。ビジュアルエディタで一度作成して、コードを確認して最終的にアップロードを行うようにしている。

Web担当者のためのWordPressがわかる本 あらゆるビジネスサイトで使える企画・設計・制作・運用のノウハウ
by カエレバ

<<< 管理人からのお願い >>>1.5流は著作権を放棄しておりません。文章・画像一切の引用・流用・転用・転載を認めません。まとめサイト(キュレーションサイト)での利用も同様です。
スポンサーリンク

フォローする