WordPressで自動で作成されるリヴィジョンを消す

シェアする

WordPress logo

WordPressでは、投稿しようとしている記事のリヴィジョンを作成してくれるが、投稿し終わってもなお、そのリヴィジョンが残ってしまう。容量をあけるにはこのリビジョンを定期的にけしてあげるのがおすすめ。

リヴィジョンを消すプラグイン

Better Delete Revisionというプラグインを利用すれば一括で簡単にリヴィジョンを削除することができます。

操作は至って簡単ですが、リヴィジョンがかなり多くたまっている場合、削除するのに時間と負荷がかかるので、アクセスの少ない時間帯に作業を行うようにする。

Better Delete Revision

プラグインの追加で「Better Delete Revision」を追加する

wordpress-better-delete-revision (1)

プラグインを追加すると[設定]の中に「Better Delete Revison」という項目が現れるのでクリック。

wordpress-better-delete-revision (2)

自動的にリヴィジョンが残されている物のリストが吐き出されるので、下までスクロールする。

wordpress-better-delete-revision (3)

「Yes, I would like to delete them!」というボタンがあるのでクリックすると一括でリヴィジョンが消される。

wordpress-better-delete-revision (4)

削除が終了したら何個消したかの表示がなされる。

wordpress-better-delete-revision (5)

リヴィジョンを制御する

リヴィジョンの制御を行うRevision Controlというプラグインもあるが、記事を書いている途中でパソコンが強制終了したり、書いていた記事を元に戻したくなることもあり得るので、個人的には制御せずに、たまったら強制的に削除していくのが一番すっきりするのではないかと思います。

無駄にプラグインを増やしてセキュリティーホールを増やすのもいやなのと、その分リソースを食うのももったいないので。

1か月に1度削除するなどのルールを取り決めてそれ以外の時は「Better Delete Revision」もOFFにしておくことが望ましい。

Web担当者のためのWordPressがわかる本 あらゆるビジネスサイトで使える企画・設計・制作・運用のノウハウ
by カエレバ

関連コンテンツ

関連コンテンツ



管理人からのお願い

管理人からのお願い

1.5流は著作権を放棄しておりません。文章・画像一切の引用・流用・転用・転載を認めません。まとめサイト(キュレーションサイト)での利用も同様です。

シェアする

フォローする