ALTINUM FC500 SUPER HYBRID SPEC

シェアする

私のメインパソコン。2013年末に組んで2015年12月に電源とグラフィックボードをテコ入れした以外は何も変わっていない。

windy-fc500-spec (1)

windy-fc500-spec (2)

スペック

Case  : Windy ALTINUM FC500 SUPER HYBRID
OS  : Windows 7 Professional
M/B  : ASUS MAXIMUS V FORMULA
CPU  : Intel Core i7-3770K Processor(8M Cache, up to 3.90 GHz)
CPU Cooler  : ZALMAN CNPS9900 MAX
Memory  : Corsair VENGEANCE 8GB(4GB*2) CMZ8GX3M2A1600C9
Graphic  : SAPPIRE NITRO R9 380
SSD  : CFD CSSD-S6T128NHG5Q
HDD  : Western Digital WD10EZEX 2台 RAID1(Mirror)構成
Power :  Owltech Seasonic SS-760XP2S
Optical Drive  : LG GH24NS95

ひとこと

ケースは今は亡きWindy。10年以上使っているが問題なく使えているしシンプルなケースなので組み込みしやすいので壊れるまで使うと思う。デザイン的にもカラー的にもとても気に入っているので他のケースに目移りすることがない。

2015年末に10年選手だったSeasonicの電源を引退させ、またSeasonicを購入して載せ替えました。10年持った電源と言えばPentium II時代から使っていたNipron電源以来。Nipronは結局Pentium 4あたりでピン配列に対応できなくなり、壊れていないが使えなくなったので破棄した。Seasonicはそれに匹敵する寿命でべつに壊れたわけでもないですが、予備交換しました。

Socket的には2世代前のものだが、普段使う分には全くストレスを感じないスペックになっているので、寒くても最近はデスクトップばかりを利用している。個人的にはいずれGPUとSSDはもうちょっとパワーアップしてもいいかなぁ。

関連コンテンツ

関連コンテンツ



管理人からのお願い

管理人からのお願い

1.5流は著作権を放棄しておりません。文章・画像一切の引用・流用・転用・転載を認めません。まとめサイト(キュレーションサイト)での利用も同様です。

シェアする

フォローする