WILLCOM WX12Kを半年使ってみて

シェアする

WX12Kに機種交換して半年が経過しました。結論から言えば、2台目通話洋携帯としてはほぼ満足の携帯ですが、価格ドットコムなどの評価をみていると悪いと書かれているレビューもあるので端末の当たり外れのバラつきが結構大きいのかも?とは思います。

willcomwx12k-6month (1)

落としたりはしていないので、大きな傷はなし。よくみると細かい傷はあるが、毎日使っている割に傷は意外とつきにくいように感じる。メッキもハゲてきていないので、外装の作りは悪くない。

willcomwx12k-6month (2)

裏面もよくみると細かい傷はあるが、以外と黒の塗装もはげることなく使えている。

willcomwx12k-6month (3)

サブ液晶の視認性は黒の方がやはり見やすいが、白でも問題なく見える。

聞こえについて

私個人は大昔に京セラを1度使ったことがある程度だが、その頃と比べても大差ないかもしくはよりクリアに聞こえていると思う。夫は京ポン電話を初代から何本も使っていたが、違和感なく使えているのでスマートソニックレシーバーはやはりよく出来ていると思う。くぐもって聞こえるのは耳に当てすぎ、聞こえにくいのはボリュームの調整が適当でない・耳に当たっていない・当て方が悪い・体格的な問題なのかなぁ。実際、当てなくても結構聞こえるので聞こえが悪い場合は一度WILLCOMに修理に出す方がいいのかも・・・

耳に当てて会話するので画面が汚れやすいというのは唯一の欠点かも。特に女性の場合はファンデーションが付くのでマメにティッシュ等で掃除している。

Bluetooth

他社ケータイの受話用として使おうかと思ったが、無線を介在させるとやはり音質が落ちるので使っていない。どうしてもBluetoothを起動させるとスマホもこの携帯もバッテリーが飛ぶので結局それぞれ単独で使っているので突っ込んで感想を書くことは出来ない。

バッテリーの持ち

歴代の携帯から比べると少し悪いように感じる。通話専用(1日10分程度)+アラームしか使っていないがMAX充電から放置でだいたい4日ぐらいで電池残量が1になる。個人的には結局スマホを毎日充電するのと同じタイミングで充電してしまうのであまり気にしないがSOCIUSなどよりはちょっと早いかなという印象は確かにある。

重さ・形

通話用として考えれば重い。せめて100gは切ってほしい。
携帯を開きにくいので電話が鳴ってから通話するのにもたつく。もうちょっと片手で開けやすい形状にしておいてほしかったかなぁ。
充電台が思ったより使いにくく、はめ込みにくい。寝ぼけた状態で充電したつもりになっていてちゃんとはまっていなかったことが何度かあったので

その他

時計の読み上げが意外と便利。アラームがボタン長押しで止めないとダメなので寝坊せずに済むのもいい。画面の解像度は低いので半年前にもレビューしたとおり、これ単体で使うというのは相当シンドイかもとは思う。あくまでも2台目としての携帯なら満足のレベル。ただ、2台目の通話用として割り切って使っている側からするとムダな機能も多々あり、通話に特化した携帯に仕上がってればもっと満足度は高かったかなぁ。

今時Googleアカウントの連絡帳を引っ張ってこれないのもしんどいし、連絡帳の登録件数も少ないのでもう少しその辺の快適性をあげて頂ければいうことなしなんだけどね。

総評として、通話用としてはよくできているが課題も多い。中途半端感は否めないが3年は十分使える携帯だと思う。3年後、洗練された機種が出ることに期待したいが、WILLCOMとイーモバイルの合併等々先行き不透明な点が多くあまり期待できないかもしれないですね。

関連コンテンツ

関連コンテンツ



管理人からのお願い

管理人からのお願い

1.5流は著作権を放棄しておりません。文章・画像一切の引用・流用・転用・転載を認めません。まとめサイト(キュレーションサイト)での利用も同様です。

シェアする

フォローする