日産リーフを1週間お借りしました

シェアする

日産リーフモニターキャンペーンに応募してOKがでましたので、1週間リーフをお借りしました。結論としては買う気がなくても一度借りてのっておくといいです。今回お借りしたのは白のリーフ、グレードは真ん中のXでした。

rent_leaf (3)

LEAF試乗レビュー

モデルカラーのブルーも綺麗だけど、白だと可愛く見えますね。3ナンバーのため横幅はエスティマとほぼ同レベルなので、今まで5ナンバーや軽にのっている場合はかなり大きく感じるかも。ただし長さは5ナンバー中堅クラスレベルだから回転半径は大きくないので3ナンバーや5ナンバーでもバン系のものに比べると比較的運転しやすかった。

外観

前はかわいらしいが、後ろはちょっとなんかモターっとした感じ。ただ、どのカラーも全体的に綺麗な仕上がりになっているので、何色を選んでもいい感じにみえると思う。フロントの目玉が飛び出しているのは空気抵抗を考えてのことらしいが、独特なデザインでこれは悪くない。

後ろはハッチバックになっているが後部座席の後ろはあまりスペースなく、日頃の買い物程度なら苦しくないが、大きめのゴルフバッグだと載らないので、ゴルフ好きにはちょっと厳しいかなぁ。(別に私はゴルフをしないんだけれども)

rent_leaf (4)

内装

トヨタの同クラスと比較すると正直イケてない。正直、もうちょっと頑張ってほしい。シートも3ナンバーの割には・・・なので不満が残る。

ハンドル周り。ハンドルはだいぶ軽め。ちょっと当たるだけでハンドルが切れてしまうので、個人的には怖く感じた。もう少し重めでもいいのになぁと。エスティマが重ためなので尚更そう感じるのかもしれない。

rent_leaf (1)

メーター周り。左側が電池の温度、真ん中上が現在電池をどれだけ回復/使用しているか、右側が今の電池容量と残りどれだけの距離を走れるかの予想距離。真ん中の液晶表示は色々変更することができる。速度はこの表示パネルの上に液晶があってそこに表示される。

rent_leaf (2)

シフトはマウス?と思わせるような形。なれるまでちょっとキモチワルイ。Nに入れにくいので、実際線路とかで止まるとパニックになってそのままガシャーンと行くかもしれん・・・これ、Nボタン的なものを用意する方がよかったかもねと思う。普段はNを使うことないし。

rent_leaf (5)

リーフ専用ナビ

ナビ画面。正直あまり賢くないので、使っていてイライラした。距離優先や一般道優先にしてもなぜか遠回りさせられたり、渋滞道路につっこんでいく案内だったり、かなりいまいち。社外ナビで充電スポットをさがせるナビにするほうがいいかもしれない。情報が古かったので、現状は少しマシになっているのかもしれないが、そもそものルートの確認もしづらいし、ナビとしていまいちだった。

rent_leaf (6)

走行性能

電気自動車を正直バカにしすぎていました。踏んだら踏んだだけ伸びるイメージなので、走行性能に対するイメージはかなり高評価。モーターを電気で動かすだけなので、エンジンよりも機敏なレスポンスなのでなれるまでは違和感があるが、走りは相当楽しめる。オートクルーズはかなりよく出来ているので、高速走行時はかなりラクになると思われる。

パワーはあるので、キツイ坂道で上らないとかそういうのは一切ない。プリウスのモーターで上らない坂があるなどの口コミがあったのでそのイメージがあったが、そういうパワー不足は一切ないので安心して乗れる。

燃費ならぬ電費

満充電で150kmぐらい走るらしいが、街中で走行すると120kmぐらいがせいぜいな感じになる(ストップアンドゴーが多い)。月々1000円程度支払えば、加盟している電気スタンドで無料で充電できることを考えれば、仮に1000km走ったとしても1000円なのでかなり燃料費は浮く。エスティマがリッター6ぐらいしか出ていないので、160L×150円で計算すると、24000円。リーフに乗り換えると毎月23000円程度浮くと考えると年間。276,000円の差が出てくる。

家で充電した場合、満充電にするのに大体1回500円も掛からないので、10回充電したとしても5,000円。19,000円の差額がでる。充電器を家に設置する費用も補助金が出るので、だいたいタダになるし、この差額はそうとうデカい。

乗り心地

かなり静かなので、なれるまでは気持ち悪くて仕方ない。ロードノイズしか聞こえないので、小さな音が気になることも。シートは内装でも書いたとおりちょっと硬めなので、長時間のっているとお尻がちょっと痛い。ただ、3ナンバーなので左右は広めなので窮屈ではない。後部座席は前後が狭い分、少し窮屈に感じる。

室内空間は狭いので、荷物が載せにくい。営業車として人間だけが乗っていくのであれば問題ないが、荷物ものせることを前提にするのであれば厳しい。

装備

グレードによって差異があるが、リーフの場合は一番上のグレードを買わないと微妙かもしれない。詳しくは公式サイトを見比べて欲しいが、最上位モデルでないと、ライトがLEDでないなど、なんだかなぁという感じ。電気部分だけは最下位クラスでもこだわれよと思ってしまった。

価格

正直高い。現状リーフを400万(補助金が53万でるとして)で買うなら、300万のエスティマやVOXY、セレナなどを買う方が全体的な満足度は高いだろうと思うので、やっぱり買う候補からは外れる。

満足度

今の段階ではまだまだ高いと言わざるを得ない。走行距離と充電時間の問題がある程度クリアされれば選択肢に入れることができるが、現状まだまだ厳しい。

充電について

充電はフロントのリーフのマーク部分をパカっと開けて、中にさらに蓋があるのでそれもパカっとあけて充電プラグをさしこみます。

rent_leaf (7)

この機械で設定して充電。日産のディーラーにいくと大体充電器はおいてありますが、急速充電のディーラーを選ばないとかなり時間が掛かるので1日何もできなくなります。日産のディーラーは大体急速充電になってきていますが、一部普通の充電しかないディーラーもあるので、その場合は一番近い急速充電のディーラーを訊くとスムーズ。

rent_leaf (8)

急速充電は30分。ディーラーによって設定が変えられているので、場所によっては80%で頭打ちになるところや、90%まで出来るところ、100%までOKなところもあった。

rent_leaf (9)

スタートボタンを押すと車と通信した後、充電が開始される。

rent_leaf (10)

三菱自動車においてあった急速充電器。特別なカードが必要で、そのカードを持っていない私たちは充電できなかった。日産にも一部カードリーダーが設置されているタイプのものがあり、ディーラーがしまっているとカードを持っていない人は充電できないので、体験モニターにカード貸し出しもして欲しかったなぁ。。。(お金がからむモノなので難しいのかもしれないけれど、これも含めて体験したかった)

rent_leaf (11)

この1週間でディーラーを20カ所ほど回ったけど、充電器に使い方が貼られているお店はたった1店舗だった。意外と分かりづらいので、借りる際はディーラーの方にしっかりと説明を聞いておいた方がいい。あと、充電プラグは結構重たいので、取り扱いには注意が必要。

rent_leaf (12)

また夜間も充電できるお店がなかなかなくて、夜でかけた場合の不便さをひしひしと感じた。せめて日産ディーラー全店舗で24時間急速充電OKぐらいの体制を整えないと、いまの段階では安心してリーフを買うことはできない。

rent_leaf (13)

ちなみに背面のファンはPCケースファン?と思うぐらいのファンが6個付いていました。ほんまにこんなんで冷えるんかいな。

rent_leaf (14)

ちなみにこのモデルが付いている場合、夜間や休みのディーラーでは充電できなかった。新しい充電器はこのモデルらしく、体験モニターの場合は昼間しか充電できない。

rent_leaf (16)

充電スポットについて

充電スポットはまだまだ少ない。また、壊れているスポットもあった。ディーラーで話を伺ったところ、充電器が実はかなり精密な造りで一度壊れると修理までにかなり日数も費用もかかるとのこと。近くのディーラーの充電器が壊れてしまうと、家に充電器を持たない場合、かなり厳しい状況になる。

また充電器が複数おいてあるスポットが殆どないため、充電待ち状態になることも考えられる。充電待ちをしたあげく、自分の充電にも時間がかかると思うと正直シンドイ。

日産の販促として、今回リーフをお借りすることができてリーフの良さも悪さも知ることができたが、残念だったのはナビが更新されていなかったこと。ナビに載っている充電スポットがなくなっていたり、急速充電になっているが24時間ではなかったり、探すのがほんと大変だった。せっかくとてもいい販促をしていると思うので、ナビのデータぐらいは更新しておいたほうがいいと思う。できれば充電用カードも貸し出ししてほしい。

充電スポットを探すいいサイトとして

  • coco充電(’15/5/10閉鎖)
  • チャデモチャージ

は押さえておきたい。

懸念としては、電池の劣化がどれぐらい進むかということ。10年後も同じぐらい使えていれば問題ないのだが、実際ほぼ毎日リチャージすることを考えると10年持たないのでは・・・と思う。10年で乗り換えるレベルでしか乗れないのであれば、ガソリン車を選ぶ方がいいだろうし、未知過ぎて怖い。

最後に

私の生活スタイルではリーフを選ぶことはできなかったが、下記に当てはまる人であればリーフを選んでも元を取れると思う。

  • 年間走行距離12,000km以上、現状リッター6kmぐらいの車に乗っている
  • 10年以上乗る覚悟ができている(上とこの項目を満たせば本体価格を10年程度で取り戻せる)
  • たくさんの荷物をのせることは考えていない
  • 半径30km圏内でしか移動せず電池不足を心配する必要がない
  • 日産のディーラー等が近くにあり急速充電が24時間可能
  • できれば一軒家で充電システムを構築できる、夜間電力を安く使える環境
  • 2台目で最悪動かなくてもなんとかなる環境

ちなみに、私の生活スタイルでは選べなかった理由としては走行距離、充電スポットの問題、積載容量なのですが、10月末にENV-200という商用車ベースの車体がでるので、荷物だけがネックになった人はそちらを視野にいれてもいいと思う。

リーフのことに関してより深く知りたいのであれば、日産大阪住之江店にEVカーステーションというブースが用意されているので、色々詳しく話が聞ける。偶然立ち寄ったお店なのですが、かなり詳しいお話を聞くことができたので、リーフやENV-200を前向きに検討されている方は一度立ち寄っておくといい。そこそこ男前でこてこての大阪弁のおにーさんが対応してくださいました。

1週間も借りられるという太っ腹なキャンペーンは早々ありませんので、少しでも興味のある方は是非とも借りてみてはいかがでしょうか。ほんと、無料です。

関連コンテンツ

関連コンテンツ



管理人からのお願い

管理人からのお願い

1.5流は著作権を放棄しておりません。文章・画像一切の引用・流用・転用・転載を認めません。まとめサイト(キュレーションサイト)での利用も同様です。

シェアする

フォローする