1.5流を再構築した理由と現在の構築環境

シェアする

1.5流

1.5流のドメインを「http://15.no1837.net」から「https://1105r.com/」に変更致しました。今迄拝読して頂いていた皆様には、ブラウザのブックマーク、はてぶのブックマーク、Feed等の変更をお願いすることになりお手数をお掛けしております。

今回、構築しなおすことにした理由そして現在の構築環境についてをまとめてみました。

旧1.5流の環境

ドメイン管理・レンタルサーバー

さくらインターネット

月額515円でWordPressを構築することができるのと、昔もさくらインターネットを使っていたというよしみで契約したもの。契約から数年はまったく問題なく利用できていた。

正直よもやまさか1.5流のアクセスがここまで伸びるとは思っていなかったため、2014年ごろから頻繁に404エラーが出るようになってしまい、レンタルサーバーの移転を考え始めました。コントロールパネルも昔ながらの表示でやや使いにくく、いずれ刷新されるかなと待っていましたが2016年2月段階でも10年以上前の表示スタイルのままでした。

1日あたり1000アクセスぐらいまでなら十分問題なく利用できるので、アクセス数があまり伸びないと予想されるサイトの構築であれば必要十分なレンタルサーバー。DBを利用する動的CMSはやや不得意なサーバーなのでCMSを構築する予定にしているのであれば違うサーバーを選ぶ方がよい。

新1.5流の環境

ドメイン管理

お名前.com

他のドメインもこちらで取得しているため、管理の一元化を目指してお名前.comに変更。管理画面が使いやすいのと、更新料金も良心的なため乗換。

レンタルサーバー

エックスサーバー

WordPressとの相性が良い、管理画面も使いやすいと評判だったので乗り換えてみましたが評判通り利用しやすいレンタルサーバーでした。エックスサーバー上でWordPressの高速化を行うことができたり、セキュリティ面にも配慮されているので初心者の方でも安心して利用できるサーバーとなっています。

WordPressについて

さくらインターネットではWordPressをマルチサイト化していたため、そちらをシングルサイトのWordPressに移行する方法について色々調べましたがどれもこれも完璧にすんなり移行できるものはなく、最終的にどうせドメインが変わるのだしパーマリンクの見直しも考えていたのでデータ移行は画像データとエクスポートできるXMLでのみ行うことにしました。

マルチサイト化はWordPress本体を1個だけ入れればいいので便利なのですが、その反面マルチサイトに対応していないプラグインがあったりDBごとお引っ越しができなかったりと問題も抱えています。

どちらがいいとは言えませんが、移動のしやすさを考えるとそれぞれ単体でサイトを構築しておく方があとあと身軽に動いていけるのかなと今回思いました。

まとめ

現在記事の半数の手直しは終了しましたが、まだまだ半数残っています。毎日少しずつ手直ししていくとともに、新しい記事も記載していく予定です。カスタマイズも最低限しか行っていないので、ジワジワとデザイン等々変わっていく・・・予定。

やっと数年前から計画していたことの大半の作業が終了したのでほっとしています。

関連コンテンツ

関連コンテンツ



管理人からのお願い

管理人からのお願い

1.5流は著作権を放棄しておりません。文章・画像一切の引用・流用・転用・転載を認めません。まとめサイト(キュレーションサイト)での利用も同様です。

シェアする

フォローする