Widnows 10への強制アップデートを食い止める方法

シェアする

Windows 10 ロゴ

Windows 7 / 8.1で2016年5月のWindows Updateを適用させると、Windows 10への強制アップグレードが勝手に予約されて、その日が来たら勝手に適用されるという恐怖でしかない状況をMicrosoftが作り出しています。

再三再四申し上げてきましたように、Windows 7で購入したメーカーパソコンの大半はWindows 10にすると大抵不具合が出ます。詳しくは各自お使いのパソコンの型番を検索窓に入力してWidnows 10も一緒にキーワードとして追加すると大体メーカーの情報にあたるかと思いますのでWindows 10にアップデートしても問題が無いかを確認してみてください。

Windows 10へのアップグレード阻止方法

メインマシンのWindows 10へのアップグレードアイコンをクリックして確認したところ、5/23の23:00に自動的にアップグレードしてあげるね!という恐怖のお手紙が届いていました。

stop-windows-10 (1)

「ここをクリックすると・・・」の「ここ」をクリックします。(あくまでも一応回避のリンクは作ってあげてるよ!と言わんばかりのセコイ方法)

stop-windows-10 (2)

それでもまだしつこくアップグレードをさせようと必死。「アップグレードの予定を取り消す」をクリック。

stop-windows-10 (3)

しつこく予定されているWindows 10のアップグレードを取り消しますか?と尋ねてくるので、「アップグレードの予定を取り消す」をクリック。

stop-windows-10 (4)

これで強制的なアップグレードは停止します。

Windows 10にしたくなったら

再度タスクバーのアイコンをクリックしてください。アイコンが消えている場合はタスクバーアイコンの横にある▲をクリックすると表示されます。

stop-windows-10 (5)

Windows 10アップグレードアイコンをクリックすると、凝りもせずまたアップグレードへの案内が出てきます。

stop-windows-10 (6)

個人的にはWindows 10にするのは問題ないと思っているのですが、SSDを交換してからにしたいなぁというのが本音。対応していないソフトもないわけではないので、そこがちょっと躊躇するところではあるわけで。

有料になる前にはアップグレードしますので、安心してお待ち下さいMicrosoft様。

関連コンテンツ

関連コンテンツ



管理人からのお願い

管理人からのお願い

1.5流は著作権を放棄しておりません。文章・画像一切の引用・流用・転用・転載を認めません。まとめサイト(キュレーションサイト)での利用も同様です。

シェアする

フォローする