最高峰マウス、Logicool MX Masterをゲット!(前編)

シェアする

夫が絶対に購入するということで、発売日に間に合うように予約。Amazon.co.jpの仕事が早いおかげでちゃんとLogicool ロジクール ワイヤレスマウス MX Masterが発売日に届きました。

m950tより随分簡素化されたパッケージ。毎回開けにくかったのですが、ここへ来て遂にささっと開けられる仕組みになりました。

mx-master-01 (1)

今回購入したMX MASTERとは

MX950から1年半、満を持してデザインから大幅に変更を掛けたロジクール最高峰の多機能マウス。MX-RとM950のいいとこどりになるかと発売前からずいぶん期待されたマウス。

Logicool ロジクール ワイヤレスマウス MX Master Bluetooth・USB対応 MX2000
by カエレバ

MX MASTERを開封

つづら折り状態だったパッケージと違って、箱の封を開けたらすぐに取り出せた。本体も透明の蓋をパカっと外すだけでよくなったので、開封時のストレスはなくなった。

mx-master-01 (2)

本体・Unifyingレシーバー・microUSBケーブル、保証書・簡単な説明書。

mx-master-01 (3)

ちなみに保証期間はM950の3年から2年に短縮されています。徐々に保証の対応が悪くなっていますね。昔は神対応だったのだけど、M950の時は普通のメーカーと同じ対応になっていたし、コストカットされているんでしょうね。

mx-master-01 (4)

上から見たMX Master。今までにない高級感を漂わせている。

mx-master-01 (5)

電池内蔵なので、裏面はスッキリ。スイッチ、コネクトボタン、レーザー口、切替スイッチ。

mx-master-01 (6)

右側。ちょっと角張ったデザイン。

mx-master-01 (7)

前から。今までの右肩落としのようなデザインではなく、真ん中がとんがっているデザインになっているので全体的に細く見える。

mx-master-01 (8)

充電用microUSBは下の方についているので、充電がなくなってもケーブルをつけたまま操作できるようになっている。

mx-master-01 (9)

左からみた図。この薄い凹凸がひかりの加減で見え方が変わるので面白い。水平スクロール、進む・戻るボタン。

mx-master-01 (10)

親指のくぼみが浅い。これは賛否両論が出そうなところ。

mx-master-01 (11)

ケーブルもぬかりなくちゃんとLogicoolの文字が刻印されています。

mx-master-01 (12)

こちらにも!

mx-master-01 (13)

見た目だけの高級感はかなりある。置いているだけでも良さそうな雰囲気が漂ってくるし、質感も色々替えているので、こだわって作られているポイントは随所に窺える。

最高峰マウス、Logicool MX Masterをゲット!(後編)に続く

関連コンテンツ

関連コンテンツ



管理人からのお願い

管理人からのお願い

1.5流は著作権を放棄しておりません。文章・画像一切の引用・流用・転用・転載を認めません。まとめサイト(キュレーションサイト)での利用も同様です。

シェアする

フォローする