iPhone 6で実感、Appleの時代はもう終わった

シェアする

iphone6-image

最近はもうまったくAppleの演説も全く楽しみでは無くて、朝チェックすればいいやのレベルに落ち着いています。実際、見ておけば良かったという内容でも無かったしもうAppleがスマートフォンを牽引する時代は終わったのだなぁと実感。

内容をちょっと細かく見ていくことにする。

デザイン

いわゆるDラインというヤツ。ちょっとだけiPhone 3Gに戻った感じのする丸みのあるデザインだが、縁取り部分の色が違う色になっていて微妙なこのツートン具合がやけにキモチワルイ。iPhone 4Sのデザインが一番スキな私にとって、あまり受け入れることの出来ないデザインになってしまった。色も、シルバー・ゴールド・スペースグレイとなんかぼんやりとした色展開で持ちたいカラーリングではない。

サイズ・スペック

iPhone 6 Plusが5.5インチ172g、iPhone 6が4.7インチ129g。持つならiPhone 6 Plusを持つだろうけど、女性の手の大きさだと5インチを越えるとホールド感が一気に悪くなるので手の小さい方はiPhone 6の方がいいかもしれない。私がiPhone 6 Plusを選んだただ一つの理由は解像度の違いだけなので・・・ただ、150gを越えると一気に重く感じるので、実際買う前に持ち比べしないと、想像だけで買っちゃうと長く使うのがしんどくなるかも(買わないけど)。

勿論スペック的にも上がっているが、他のAndroid端末と比べてもそんなもんだろうなという伸び具合なので、ここは詳細を割愛。

NFC

Passbookとかいうなにがしでごまかしてきたけど、やっぱりムリだったでしょ。NFC搭載されましたね。決済端末が別途いる形になるのかな。どれだけ普及するのかが大きな鍵になりそうですね。個人的に便利になったとしても決済関係は1個にまとめないほうがセキュリティ的に安全だと思っているので使いません。が、それこそ、会員券やクーポンなどでも使えるように開かれているのであればAndroidと同じレベルで便利になりますね。

とはいえ、Androidに随分前から搭載されているモノなので、今更感が半端ないですが。

iOS8

iPhone 4S以降に対応。iPhone 4Sはかなり息の長い端末になりましたが、最後のジョブスの息吹が感じられる端末なので、まだまだ使える間は使っていきたいので対応してくれたのは嬉しい。

操作面で大きく変わったのは、HOME画面操作の横向き対応、ジェスチャーが増えていること。そして、Health Kitという活動量計的な使い方ができるようになったこと。Health Kitは地味にちょっとうらやましいけど、機能をONにしてて電池の減りは大丈夫なのだろうかとちょっと心配してしまうが、その辺はちゃんと折り合いを付けられているんだよね??

通信機能

Wi-Fiの速度向上、LTEの安定・速度向上があげられています。コレに関しては具体的に使ってみないとなんともだし、VoLTEに関してはVoLTE対応機種を使っている人同士でないと恩恵を受けられないという微妙なカンジのモノなので、VoLTE対応端末を使っている人が増えないかぎりいまいち効果の程がわからないかもしれない。

その他

iWatchが漸く発表になりました。が、要る?コレ。AndroidでSamsungなども出しているけど、結局スマフォってずっと持ち歩いてるのに、敢えてこんな小さい端末をいじくり回す理由が個人的にあまり思いつかないワケで。

まとめ

正直、全く魅力的ではない。やっぱりジョブスは偉大だったんだなと改めて思わされる結果となりました。買うかといわれれば、買わないわ~。タイトル通り、Appleの時代はもう終わったなと痛感。Androidの物理ボタン3つになれてしまうと、ホント操作がラクで、1ボタンだと画面の行き来の為に何度も画面をタッチするのが面倒臭くなっちゃうんですよ。そういう細かな便利な部分を捨ててまでiPhoneにもう一度戻ろうという気持ちにはなれないですね・・・電池の持ちだけはiPhoneの優秀さを認めますが、それ以外は正直う~ん、ないよねってカンジです。

関連コンテンツ

関連コンテンツ



管理人からのお願い

管理人からのお願い

1.5流は著作権を放棄しておりません。文章・画像一切の引用・流用・転用・転載を認めません。まとめサイト(キュレーションサイト)での利用も同様です。

シェアする

フォローする